いつの間にかベジタリアン

いつもお読みいただき、本当にありがとうございます。
IMG_7552.JPG
AQUA MIXT 潤治です。
寛子のマタニティライフを通じて、助産院の方針といういうこともあり、アーユルヴェーダの考え方を身につける機会を得ました。
日本の食文化にも大きな影響を与えているようです。
料理方法や生活の知恵が日本の古くからの伝統や習慣と合致することが少なくありません。
ガルシャナという絹の乾布摩擦は日本の乾布摩擦の習慣と似ています。
アーユルヴェーダでは豆をスパイスで煮込むのも消化を助けるためであり、
日本のソウルフードである、その大豆を使った豆腐に薬味(生姜など)を添えることや、五目豆などに昆布を入れ、豆の消化不良によるガスの発生を抑えるということもアーユルヴェーダの考え方です。
いろいろな食文化が見える、さまざまな料理方法を学ぶことはとても楽しく、
古人の知恵を共有できる幸せを思います。
台所に居ながらにして、古人の思いを共有できるなんて…。


僕たち夫婦は「ベジタリアン」と呼ばれることがあります。
日常生活で肉・魚・乳製品・卵・精製された砂糖や小麦粉を使用しないためです。
ベジタリアンという言葉が、菜食主義者と訳されること、理解されることが多いですが、
主義というほどの信念はありませんし、それを唯一無二の価値観として人に押しつけることもありません。
大義名分のある「偏食」とも言えますから…w。
好むものが野菜や果物であるという生活と、
野菜や果物、穀類しか食べませんという何かエンジンブレーキのかかった生活は、
似て非なるものだと思います。
食生活で相談を受けることも多々あります。
自分が好む方向へ行き、
振り返ってみたら、それが○○と呼ばれていた…
くらいの案配がいいのでは?
と思います。
まず、ベジタリアンになろう!と思ってその道のりを歩むとしたら、
その道のりはとても険しいものになるでしょう。
現に、ベジタリアンになろうとしてその反動で食生活が乱れてしまった人も多く見ます。
もちろん、アレルギーで肉・魚・卵・乳製品を食べることを避けている人もいます。
それらの製品を使わずとも、美味しい料理はたくさん作れますし、
そういった料理方法をマクロビオティック・アーユルヴェーダ・ローフードの視点から
多くの方々と共有して数年が経ちました。
今の自分に何が必要か?
という問いが身体が本当に欲しているものを得られる機会を作ると思います。
食欲は人の「三大欲求(食欲・睡眠欲・排泄欲)」のひとつであり、
その欲求を抑えると何かの形で表出します。
反対に、何かの欲求を抑えていると
食欲という形で表出することもあります。
買い物依存症や過食症と呼ばれるものが、
実は愛情欲求が満たされていないことから発生することも多く、
今の自分は何を求めているのか?
という問いが人生をシンプルにするコツのように思います。
それを求めている通りに行動したり、発言したりするために、
勇気や知恵が必要かもしれません。
そんな勇気や知恵を共有するAQUA MIXT でありたいなと思います。


レストラン本旬を楽しむ目利きマスター講座」 ~季節を旅する食いしん坊~
・7月7日(日) 10時半~14時半 聖ヶ丘 夏至の頃 「夏野菜をふんだんに楽しむ料理」
菜食料理をその季節毎の「旬」を取り入れての「食を楽しむ講座」です。野菜・果物の目利きを座学&実習で広く、深く学んでいきます。料理と知識の両面から楽しめる講座になります。


【平日限定】 潤治のデトックスランチレッスン「雑穀中華レシピ編」
◆6月いっぱい 平日 聖ヶ丘 日程募集中
さまざまな雑穀を使います。たかきび麻婆豆腐、もちきび餃子、春巻き、ひえ入りワンタンスープなど雑穀を用いて菜食中華を楽しみます。


【満月期開催】心と身体の排毒料理ランチ会
・6月23(日) 11時半~13時半 聖ヶ丘キッチン&ダイニング
満月期、身体は吸収のリズムとなりますので、良質の栄養を摂りつつ、しっかり解毒・排毒を進めていきます。冬の間に身体に溜めた毒素にサヨナラしましょう。

関連記事

  1. 人生最安値期、セルフイメージをあげる近道を試みました【前編】

  2. 困った時の大天使ミカエル頼み(4)

  3. 陰と陽のバランスが、2012年に向けての変容を加速させる

  4. 愛しきインディゴチルドレン 

  5. 新月のヴィジョンクエスト~人魚姫とユニコーン~

  6. メールリーディング☆感想(6)

  7. 那須食い倒れツアー「癒やしの空間編」

  8. 質問力をあげてメッセージをもらおう!

AQUA MIXTの無料メール配信サービス

新着記事

過去記事一覧