「あなたにはがっかりさせられた」と言われたら?思考パターンを変えよう!

「他人からの評価」を気にしないために

「あなたにはがっかりさせられた。」

「あなたにはがっかりさせられた。」
「残念です。」
「あなたは期待はずれだった。」

と言われたことはありますか?

親しい人、パートナー、友達、知り合い、親、などに。

言われた方は、とてもショックでしょう。

そのショックから立ち直れないこともあるでしょうか。

どうでしょう。

あなたは言われたこと、言ってしまったことはあるでしょうか?

自分の中心に「他人からの評価」を置いていることに気づきましょう

自分自身が商品でもある人たち

さて、

現在、僕は僕のことを「セラピスト」と呼んでくれる人たちがいて、自分自身を市場に出し、評価される立場にあります。

つまり、自分自身が商品ということですね。

ですから、ある程度の「評価」に対する耐性はあると思っています。

しかし、それが、親しい人、パートナー、友達、知り合い、親などからの「評価」になるとショックを受けることもあります。

それがマイナスの評価になるとなおさらです。

昨今、よく耳にする「エゴサーチ」というものも「他人からの評価」が気になるがゆえでしょう。

「評価」を使って、人間関係をコントロールする人たち

この「評価」を使って人間関係をコントロールする人はいます。

そういう人たちは、相手が気にする言葉を見つけるのが上手です。
また、自分の都合よく相手を動かそうとすることにも長けています。

あなたはそのような人のコントロール下にいたことはありますか?

そういう人たちが意図してやっているのか、幼い頃からそのほうが自分にとって得があるから身についたのか、神のみぞ知るです。

誰もが、そのようなコントロール思考は持っているとは思いますが、それを選択するかしないかも自分次第です。

心に突き刺さる「評価の言葉」を引きで観よう!

人と良い関係になろうと思って、相手に近づいたら、

「あなたにはがっかりさせられた。」
「そういうこと言うの、残念だよ。」
「期待して損した。裏切られた気分。」

と「言われ」たら、立ち直れないかもしれませんね。

そのような時、

  • 相手はあなたに期待している
  • 相手はあなたに要求している
  • 相手はあなたに依存している
  • あなたと共に同じ感情を共有したいと思っている

と一旦、考えてみるといいかもしれません。

特に、あなたが…

「人の期待に応えたい」
「周りの人にいい影響を与えたい」
「人と調和したい」

といったことを考えていたら、
なおさら、相手の強い言葉にダメージを受けるでしょう。

ですので、

「~された」ではなく、
「(相手は)~している、と思っている」

と考えてみましょう。

思考する時に「受動的」ではなく、「能動的」に文章を組み立てましょう

あなたは、受けたダメージを取り返そうと、相手の誤解を解こうとするかもしれませんが、そうすることでいっそう相手のこじれた「やりとり」の中にハマっていくでしょう。

そういった「こじれた交流(やりとり)」を理解、回避、予防していきましょう。

タイトルとURLをコピーしました