怒りは復讐心で癒されるのか? アンガーマネージメント

いつもお読みいただき、本当にありがとうございます。
AQUA MIXT 潤治です。

8月15日(土)0:00 から、「怒りに翻弄されない」アンガーマネージメントリーディングを受付開始いたします。

あなたの怒りはどこから来るのでしょうか。
その怒りは誰のものでしょうか?
怒りに翻弄される人生と、怒りを癒して使命を全うする人生とあなたはどちらを選ぶでしょうか。

あなたがあなたの人生を大切に生きるためにリーディングをお届け致します。
Forgiveness
さて、怒りは二次的な感情と言われます。
根底にある感情を覆い隠し、自分の本当の思いから遠ざけるものです。
あるいは、本当の思いを感じることから自分を守っているとも言えます。

怖れ、不安、落胆、絶望、嫉妬、寂しさ、罪悪感、劣等感、疎外感…などなど。

そして、怒りは時にいろいろな表出をします。

本当の心の声を耳を傾けることなく、

外への攻撃に変換させることで自分を保っているかのようです。
本当の心の声を聴いてしまったら、
人生が魂の望む方向へ向かってしまうから
…でしょうか。

学生時代にある女性と付き合っていた時のこと。

今思えば、本音を言い合えた仲ではなかったし、

(そもそも、自分の本音さえ解らない状態でしたから)
お互いの心の傷を慰めあうようなことはできませんでした。
(そのようなことは格好が悪いことだと思っていましたし)
相手の思いを知るよりも、自分の要求を通すことのほうが先でしたし、
僕の都合を最優先していたものです。

思いやりがあって、優しくて、従順な彼女に僕の都合を重ねて

「好き」という気持ちにすり替えていただけです。
当時のラブソングで勝手に盛り上がる僕をきっと冷めた目で見ていたのだろうと思います。
カラオケもよく行きました。

愛のままにわがままに僕は君だけを傷つけたわけです。
別れましょう私から消えましょうあなたから的な結末でした。

ひどい言葉で彼女を傷つけたことを今でも思い返します。
彼女と別れた後、共通の友人と飲む機会がありました。
その時に、教えてもらったことは、別れた彼女のメイクや洋服が派手になり、
性格も刺々しくなって、荒れているということでした。
お尻が限りなく軽くなり、複数の男性と関係を持つこともあると。

「潤治のせいじゃない?」

飲み友達は僕を咎めるように言いました。

胃の中に鉛を入れられたような気持ちのまま帰宅したことを覚えています。
それ以降もその噂は違う友人から聞くこもあり、そのたびに「僕のせいか」と思いました。

おこがましく僕が言うならば、

彼女の怒りは、身を挺した復讐になったのでした。

「わたしがこうなったのは、あなたのせいよ。」

と言われているようで、いつまでも身体に釘を打たれたような感じでした。

その十字架は今も背負っていますし、

都合良く「卒業!」とか言えるほど心臓は強くありません。

スピリチュアル風な言葉で、

相手にも必要な学びだったのよ、などと免責することもできません。
それは僕自身が言っちゃいけない台詞ですからね。

スピリチュアルな学び人間としてのエゴの学び

一緒くたに詰め込むんで理解したフリをすることもありません。
今では、スピリチュアルカウンセラーとして伝えることも多々ありますが、
どっぷりと人間のエゴからの学びも体験したうえでのことです。

怒りの表出はさまざまあり、僕自身も復讐という形を取っていたこともあります。
今でもそれをしてしまうこともあります。

あえてやらない
相手の嫌がることをする
自分が駄目になっていく姿を見せて相手にプレシャーを与える
不幸になって相手を引っ張る

こんな僕にしたのはあなたよ!宣言です。

もう、こうなると復讐の底なし沼から這い上がることは難しくなります。

このような「感情ゲーム」も人生に彩りを添えてくれますが、深みにハマると厄介です。

怒りを見つめ、早めに「癒し」という工程と対峙するのか、
さらなる怒りの連鎖で人生の迷子になるか、

どちらも人生を豊かにしてくれますが、
どのような豊かさが自分にとって穏やかか安らぐかと考えたいところです。

怒りをきちんと人生のパワーにするか、呑まれて奔走するか、
人生はいろいろな機会を見せてくれます。

「怒りに翻弄されない」アンガーマネージメントリーディングは、
8月15日(土)0:00 から受付開始です。

関連記事

  1. 振り子の法則がもたらすもの

  2. 迷惑、マナー違反、非常識なヤツらに注意をぶっ放せ!

  3. Romantic が止まらない? Romantic は中毒性がある?

  4. ネット社会でのコミュニケーション「僕の存在自体が人を傷つける」

  5. 僕たちは哀しきスピリチュアル記憶喪失患者

  6. サンリオピューロランドに開園1時間前に並ぶ男

  7. インディゴチルドレン… その繊細な感受性を何に対して、どう使っている?…

  8. 自分の人生を創造するパワーは誰もが持っているもの

過去記事一覧