結婚をしても、親になる覚悟はしていなかった…だってベクトル自分向き

パートナーシップや恋愛の相談もこの十数年させてもらっています。

恋愛や不倫、結婚や不妊、そして離婚や別離に関するものですね。

双方の守護天使からのメッセージやそれぞれの事象の意味、そしてそれを阻害するもの、スピリチュアルな澱み、怖れや不安、深層心理などを観ていくわけです。

AQUA MIXT に訪れる方々の多くは女性なのですが、僕がその相談をさせてもらっているのは奇跡にちかいことだろうと思います。

セクシャリティに関するテーマも多いのですから…。

結婚というテーマも多く出合います。

僕は結婚を2度しています。

1度目は20代前半で、2度目は30代で、今に至ります。

1度目の結婚は、ただただ僕が寂しがり屋だったので、傍にいつもいて欲しいというとても自分勝手な思いからでした。相手を必要と思うことが相手を好きであることとはき違えていたようです。

「こんなに君を必要としているんだよ!」

…という言葉を、当時はオールマイティカードのように使っていました。

必要としている=愛している と錯覚していたわけです。

自己都合、愛情のベクトルは常に自分向き…

「僕ばっかり、君を好きでいる!もっと僕を見て!」

結局、相手のことなど自分が気持ちよくならない限り考えずにいました。
ひとりで結婚生活していたのかな?と今では思います。
今でも浅はかな自分におののきますから…w。

僕の成長するポイントが結婚生活でやってきました。
父親になるという機会です。

しかし、僕はことごとくはぐらかしました。
はぐらかす度に、相手がどれだけ傷ついているかなど思い巡らすこともなく。

そして、自分が自分の父親のようになってしまうことも嫌でした。
家族をかえりみずに会社を辞め(上司と喧嘩)、だらしなく酒に浸り、暴力的な父親。

彼は僕の人生の反面教師でした。

彼を否定することで、僕は自分の人生の平静を保っていたのです。

父親を否定しているのですから、ぼく自身が父親になることが難しいのは当然だったのかもしれません。しばらくして、1度目の結婚は別れを持って終わりました。

結局、その絡まった感情や思考を整理して癒す必要がありました。

その学びは、時を経て今、分かち合うことで多くの豊かさになってくれています。
過去の傷や挫折、失敗が、未来に出逢う人たちのための経験だと信じられたらいいのですけど、学びを避け、責任転嫁し、自分を所有し、秘密にしていくことでどんどんこんがらがっていく人生もあるでしょうか。

人生はシンプルですが、複雑にカスタマイズすることも可能です…。

関連記事

  1. ウサギと亀のパートナーシップ 相手を応援していますか?~パートナーと紡…

  2. パートナーシップのために…(8)「○○している自分に気づく。」

  3. パートナーシップのために…(16) 「パートナーの教えてくれる世界」

  4. 夫婦円満には何が必要なのか?

  5. 夫婦喧嘩のステージでもたらされるものは違う

  6. 相手を理解しあうこと、そして、お互いに理解しあうこと

  7. 新しい家族のおかげでパートナーシップはより複雑により豊かに

  8. 「奇跡の水」と呼ばれる素粒水の不思議(1)

過去記事一覧