パートナーシップのために…(3)「相手の○○○を信じる。」

「相手の○○○を信じる」
結婚してまもなく、お互いに感じるようになったことがあります。

火と水、太陽と月…、お互いが正反対の性格です。

それに加えて、ペースがかみ合わないことのほうが多い…ということに
お互いが気づき始めました。

食器の片付けのタイミング、約束の時間に対して家を出るタイミング、
待たされる時間への感覚…。

情報の処理の早さ、学ぶペース、好奇心の幅、行動力・実行力の早さ…。
何をするにしてもペースが違うこと…

これが僕たち夫婦の特徴です。 ウサギと亀のようです。
亀は先にいって休んでいるウサギを怠け者と思い、ウサギはのろのろと歩く亀
(亀自身は走っているつもりですが…)にイライラする。

結婚して数年が経ち、夫婦として形になってきたと思う頃に、落とし穴がやって来ます。
お互いの人格の境界線を引けなくなっている自分に気づくようになっていました。
自分のペースを相手におしつけてしまっているのです。

ウサギにとって、亀のようにすこしづつ歩くことは苦痛であり、亀にとってウサギのペースは
脅威です。

結婚当初はお互いが別々の人格の持ち主であることは当たり前すぎて
意識しないでいることのほうが多かったのですが、結婚生活が落ち着いてきてから
というもの、相手のペースに戸惑ったり、信じられないでいる自分がいることに気づきます。

ウサギは亀は本当に走っているのか?と。
亀はウサギは亀の遅さをバカにしていないかと。

信じるも何も、別々の人間なのですから、ペースが違うのは当然であって、それを
自分のペースにあわせることは、お互いにとって辛いことになるのは頭では
解っているのですが、夫婦という単位でひとつの人格が出来上がってくると、
湧きあがってくる感情的なものをコントロールすることが難しくなってきます。

相手への不信感です。

それは自分への不信感の投影です。
相手を信じきれない自分がいることに対しての自分への不信感です。
これは苦しいものです。

今ではお互いが別の人格で、ペースも違い、夫婦であるまえに個々の人間だと思える
ことのほうが多くなりましたが…、実は…、今での旅行なんかに行くとこのペースの違いで
喧嘩になります。今回の旅行でも、喧嘩しました…。

あるとき、こう思うようにしました。

ウサギの世界に亀が混じったら、苦しい。
亀の世界にウサギを連れてきたらかわいそう。

お互いがお互いの最大のパフォーマンスを出せる世界にいよう。
その世界を尊重しよう。そのことで自分のことも尊重できるから。

自分に出来ることに集中しよう。
相手のためでも、やりたくないことはしないでいよう。(実は相手のためでもなかったりするから…)

相手が自分のペースでやっていることを信じることで自分のペースを受け入れる自分を信じられるように
なりました。お互いが違うペースであることをお互いに受け入れあったのです。

「僕の人生の中では彼女は助演女優である。 と同時に…
彼女の人生の中では、僕は助演男優である。 同じ時の中に存在する。」

というわけで、今回は「相手のペースを信じる。」でした。
 

関連記事

  1. パートナーとの関係も変わる問いかけの魔法

  2. パートナーシップは誰から教わったのか?~パートナーと紡ぐ、スピリチュア…

  3. 「あ、はい…。」と飲み込んでいることは何ですか?アサーティブネスなんて…

  4. 日々の信頼する姿勢はコツコツと積み重なる「奇跡、チョロいっしょ!(爆)…

  5. 人をコントロールできるという錯覚が人生の歯車を狂わせる

  6. 受け継がれてきた(身につけた)愛の形

  7. SLOW LIFE、SLOW LOVE…(2)

  8. パートナーシップのために…(17) 「お金はパートナーシップに流れる」…

コメント

  • コメント (5)

  • トラックバックは利用できません。

    • 潤治
    • 2008年 10月 21日

    まゆまゆ、コメントありがとうぉ。
    視点が違うといろんなものを感じます。
    僕が他の人の人生では、脇役でしかないこともあります。
    自分と他人の境界線を引くということを
    学んだ気がします。
    いつもありがとう。まゆまゆ。

    • 潤治
    • 2008年 10月 21日

    まゆまゆ、コメントありがとうぉ。
    それぞれが人生の主人公であって、お互いの助演俳優であること…。
    結構、この視点を忘れそうになるときがあります。
    こうして、コメントをもらうことで、視点の大切さがこころに浸透していきます。
    ありがとうですッ。

    • まゆまゆ
    • 2008年 10月 20日

    じゅんちゃん
    素敵なお話、
    ありがとう。
    そうそう、
    お互いの人生で、
    お互いが主人公。
    その簡単なことがわからない人が、
    破綻する。
    常に相手を道具に使ったり、
    道具になっても
    相手をつなぎとめたり。
    ふー。
    ありがとね。

    • 潤治
    • 2008年 10月 15日

    ただいまぁ。
    亀は当然、僕。
    うさぎは、寛子。
    お互い、全く違う世界の人間なのをいつも思い知らされます。
    わぁ~い。

    • tomoe
    • 2008年 10月 14日

    じゅんちゃんひろちゃんお帰りなさい^^!!待ってました^^
    亀とうさぎのお話シェアしてくれてどうもありがとう。
    読みながら、ふむふむ!そうだ!納得!!
    みんな違う人間なのに、亀チームにむりやりうさぎを入れたり、亀さんがうさぎになろうとするから、上手くいかないわけだ。
    あの人もこの人も受け入れよう^^
    素敵なお話に感謝します。

過去記事一覧