常識はわたしたちを守るバリアか、それとも囚われか…(アクセスバーバルクラス)

先日、アクセスバーバルクラス「常識という囚われから自由になる」を開催しました。

[clink url=”http://aqua-mixt.com/archives/24425″]

わたしたちの創造的な人生を拒む常識は?
人生の安らぎと喜び、豊かさからわたしたちを遠ざけるものは?
そもそも「常識」とは何でしょうか?

などなど、僕たちのそれも共有しながら、問いかけつづけていきます。

答えを求めるものではなく、いろいろなものをテーブルに乗せて、皆で見ていくというグループワークのようなものです。
笑いあり、唸り声あり、深い理解あり、です。

ある瞬間、今までの自分が嘘のように窮屈な箱に入ってしまうようなことって、ありますか?
急に誰かに人生のハンドルを奪われたような…。

豊かで安らぎに満ちていた時間が嘘のように「ハマって」しまう瞬間です。

普通、こういうものでしょ?
みんな、そうしているんだから!
あなたはなんでこうしないの?
こういうことするのは失礼よ!
考えれば分かるでしょ?
どういう教育を受けてきたんだ?
こうしなくっちゃ!
こうしないと、○○になっちゃうよ!

などなど、

自身の心と思考に自らプレッシャーをかけて自分らしくいられない状況を創り出すことはありますか?

「常識とは18歳までに身につけた偏見のコレクションである。」(アインシュタイン)

彼の言葉は有名ですが、「だよねぇ、そだねー」と思いながら、「ハマって」いる僕たちがいます。

ひとりだとこれをテーブルに乗せて俯瞰すること、ぶっちゃけることは難しいと思います。
知らず知らずに自分じゃない「囚われの自分」で思考、感情を味わっているからです。

そして、自分は違う、そんなわけがない!と「良い格好」がしたい「隠れた自己」がわたしたちの心の中にいるからです。

僕が持っている「時間は守るべきだ」という常識、ルールも、ある人間関係では全く意味を成しません。
時間を守ることよりも大切なものがあるという常識、ルールを持っていたら、相容れないわけです。

時間を守ってきた、我慢してきた、何故だかわからないけど信じてきたものは「思い込み」「決めつけ」「偏見」なのかもしれません。

絶対に自分が正しいなんて思ったところで手にするのは、敗北感のある勝利でしょうか。

このクラスはまた開催します。

常識というルールで何を得たいのでしょうか?わたしたちは…。

投稿者
この記事を書いた人

スピリチュアル・カウンセラー ・催眠療法士・整体師 ・菜食料理研究家

両親の離婚をきっかけに、小学生の頃より心理学やコミュニケーションを探究し始める。
リストラ・離婚という逆境の中から、自分の生き方を見出す。
20年前より、学校カウンセラーとして、親子の悩みに寄りそい、現在は夫婦の「直感磨きセラピーサロン」を15年間主宰している。

自身の逆境の多かった経験から、コンプレックスや生きづらさを才能として活かす生き方のサポート、セラピスト・ヒーラーの育成をしている。

AQUA MIXT★水本潤治をフォローする
アクセス・コンシャスネスTM
AQUA MIXT★水本潤治をフォローする
アクア・ミクスト
タイトルとURLをコピーしました