スピリチュアルマッサージ個別レッスンとの出逢い、そして…

こんばんは、潤治です。
スピリチュアルマッサージをお伝えする機会が増えました。
今回はパートナー参加で個別レッスンをされた方からご感想をいただきました。
スピリチュアルマッサージ(略して“スピマ”)は、人と人との間に境界線がなく、癒される側-癒す側という概念をもう一度、心で見つめなおす作業になると思います。
身体からの声を聴く…。
もし、「言葉」と「視覚」が僕たちに備わっていなければ、どんなコミュニケーションをするでしょうか。
何で伝えるのでしょう。何で観るのでしょう。
目の前にいる、一番大切にしたい人を、いつの間にか、、「言葉」と「視覚」で、評価してみたり、誤解したり、自らの傷を相手の行動を見ることで感じてしまったりすることが僕はとても多かったです。今でもゼロではありません。
スピマは家族間、パートナー間の本来の愛あるコミュニケーションを感じる機会を感じさせてくれるものだと思います。
それが無限の可能性を、つながりを感じさせてくれる。
そういうことを共に学んでいきたいと思います。

潤治さん、寛子さん。ご無沙汰しております、T.N です。
潤治さん、スピマ個別レッスンありがとうございました。私達二人が受け取ったものの大きさ…はいっ!びっくりするくらい素晴らしいものでした。スピマで潤治さんがお話しして下さったことは、潤治さんのスピマでしか教えてもらえなかったこと…お二人のパートナーシップワークだからこその学べたことだと思います。素晴らしいバトンを受け取ったんだと強く思いました。
それが、スピマ以降、日に日に増して大きく、また強く二人の絆として育んでいる毎日です。お礼のお便りが遅くなってしまいましたが、スピマで私達二人が受け取った思いの感想、その後の二人の近況報告をお便りさせて頂きます。

あの日、スピマの帰り道、駅までの道のりで、教えて頂いた二人のお互いを大切に思う愛を感じてみました。そうしたら、ずっと悩んでいた腰の痛みや肩甲骨の重さが、すーっと引いているのを感じました。あまりの腰の軽さにウエストが10センチくらい細くなったみたいでした!
潤治さんが言っていたのはこの事なのかぁーと自分の身体で実感しました。パートナーシップを学んでいる二人だからこそのスキルなのだなぁと…。

パートナーとの愛がスキルになるなんて…。とても素晴らしい気づきでした。お互いを思う愛のマントは最強のプロテクションになるとは、こういう事だったのかぁと、まず帰りがけに二人が実感した感動でした。もちろんその後、お互い感動のギュー!(抱きしめあう)よしよし(頭を撫でる)で、感動を共有し更に強く二人の絆として心にきざみました。

スピマでは、最初私達は、天使の愛を感じ…と設定の仕方を教えてもらえるのかと思っていました。
それがスキルなのかと…。
でも、潤治さんがお話しして下さったのは、パートナーとのお互いを大切に思う愛でした。
おぉー!ここでもパートナーシップなんだぁーと、二人で顔を見合わせ、凄いねぇとうなずいてしまいました。

パートナーを愛し、パートナーから愛されていることに、心も身体もいっぱいに満たして包まれることが、恐れや不安、悲しみもとかし癒すことが出来るなんて、ネガティブな事からもお互いを守ることも出来る最強のプロテクションになることも素晴らしいなぁと…。今まで以上にパートナーの愛に日々感謝していきたいと強く思いました。
私は以前より、人生の中で、パートナーとの真実の愛を学びたいと、宇宙さんにお願いしていました。それがなぜ学びたいのかは、漠然としていましたが、潤治さんのスピマを受け、あぁ、パートナーとの真実の愛がこんなにも大きくて、穏やかな安心感に包まれることで、そして、二人の愛が、これから人を癒していきたいというライフワークにスキルとしてこれほどの強いものはないのだと、気づく事ができました。
人を癒していくことの根本の大切な事に気づかせて頂いた、素晴らしいスピマ個別レッスンでした。
パートナーと一緒に参加出来たこと、心から感謝しています。ありがとうございました。パートナーシップの奥の深さ、またまた実感いたしました。まだまだ噛めば噛むほど味がでる!ですね。
あれから、二人の愛を感じ、ヒーリングをすると、二人の愛が更に大きな愛につながるようで、どんどんエネルギーが熱くなり、夜中でもエネルギーでパンパンになり身体とのバランスがとれず、寝れない日々が続き体調をくずしたりしましたが、食事に気を付けたりと体調管理をしていたら、二人でとても大きな浄化になりました。
表面化して現れてくる問題も二人でみつめ、ワークすることで気づきも早く、この間もケンカになり、パートナーの彼なんて、天使さんに八つ当たりしていじけてしまったくらいだったのですが…(笑)ドトールで二人のワークで学んだ事を思い出しながら、話し終わり、帰ろうとした時に、ふと…レシートの担当の方の名前が「寛子」と書かれていたのをみて、思わず二人で笑ってしまいました。あっ!寛子さんいたねって(笑)
こんな感じで二人楽しくパートナーシップに磨きをかけております。なかなかお会いできなくても、お二人の笑顔に励まされ、日々成長している二人です。

お二人に心からの感謝を送ります。
ありがとうございました。

(T.N さま 女性・ T.Y さま 男性)

タイトルとURLをコピーしました