パパ・プレパパがぶっちゃけ触れあう機会

いつもお読みいただき、本当にありがとうございます。
育み育まれ
AQUA MIXT 潤治です。
先日、ママ・プレママランチ会を開催致しました。
3組のご夫妻と1名のお子さまを迎えてのランチ会でした。
AQUA MIXT では、元祖スピリチュアル女性誌TRINITYのWEB版「Trinity WEB」にて潤治と寛子のコラム『スピリチュアル子育て』をテーマに執筆させていただいております。
新しい命を迎え入れる学び、胎話の楽しさ、0歳児とのコミュニケーションの深さなどスピリチュアルな感覚がとても子育てに必要なものであると実感する毎日です。
既存の価値観や世間の常識などで右往左往しがちなることがなく、母子・父子との間で交わされるコミュニケーションが進むべき道を照らしてくれるように感じています。
胎話で教えてもらったことは、娘が生まれてきてからも再確認することが多く、お腹にいるときにお話ししたことは確かであったことを感じています。
そのあたりの「スピリチュアル子育て」についての会
また、別途に開催したいと思います。


今回のランチ会での学びは…、
「パパ・プレパパ」のため
であったように思います。
0歳児と対面する新米パパの葛藤や弱さ、情けなさ、浅はかさ…
などを共有することができました。

出産の立ち会いはどうする?
立ち会ってみてどうだった?
産婦人科と助産院の違いは?その時、パパは?
母乳に対してのパパの見解、ミルクはどうする?
女性は出産を通じて強くなる、がパパは?
赤ちゃんと1日中、向きあっているより仕事のほうが楽?
ああ、仕事に逃げたいパパの心理と家事に没頭したいパパの逃げ道
パパ同士が勇気づけあい、覚悟をする機会になったように思います。
また、フランス人の方のプレパパの感覚も聞くことができてそれも貴重でした。
離乳食は何?といった感じです。
そんなパパ・プレパパも女性の神秘とタフさを感じながらも、
女性の健康や心の平安を祈るのでした…。
次回、女性のためのスピリチュアルヘルスをテーマに、
催しを開きたいと思っています。

関連記事

  1. 過去に置き去りにした父の愛

  2. 写真を活用して自己肯定感を育む

  3. しつけも自己虐待に…親としてアンカーになれるか?

  4. 緩やかな束縛と生産性の無さ 育児の途中

  5. 心のリスクを背負うとツキが向いてくる

  6. 娘を抱っこしたパパ、最寄りの駅に買い物に行く

  7. 子ども(または、自身のインナーチャイルド)と良好な関係のために

  8. お空からじゅんじとひろこに名前を教えてくれた娘

過去記事一覧