「今を生きる」ためにライフパーパス個人レッスン準備編

ライフパーパス個人レッスン準備編は、自分を知ること・自分の現在位置を知ること・今を生きる感覚 などを大切に扱っていきます。

なぜなら、僕たちは「過去」や「未来」に生きることが上手だからです。

そう教育されたのかもしれません。

「反省」と「目標」という感覚は小学生の頃に植え付けられたでしょうか?

「ああしておけばよかった。」
「なんでああしてしまったんだろう?」
「何が悪かったんだろう?」
「水本くん、あとで反省文を提出しなさい!」

過去の経験をもとに未来を予測をして生きる。今や未来が過去の延長線上にあると思い込み、自分の可能性を限定する。

少なからず、僕たちはその思考を自分のものとして疑うことなく実行しているかもしれません。(僕だけ?)

「こういう自分になりたい。」
「こういうことを実現させたい。」
「大人になったら、何になりたい?」
「今年の目標を決めましょう。」
「卒業するまでに進路を決めましょう。」
「水本くん、あとで進路相談室まで来なさい。」

目標を決めることは、本当に僕たちの人生を可能性に満ちたものになっているでしょうか?

目標通りにルート選択することで、または頑張ることで、視野を狭めていないでしょうか?

思えば、今の自分の成り立ちを考えると、偶然や奇跡的な出来事の連続でした。

決して、今の姿を10年前に予想していたわけではなく、または目標にしていたわけでもなく、「偶然」が創り出していきました。

予測をすることで僕たちの可能性を狭めているとしたら?

「どうやって?」という手段や方法、プロセスを探し始める時、僕たちの無限の可能性をOFFにしているとしたら?

今を生きることはとても怖いことだと僕自身は思います。

未来を予測せず、過去を判断材料にせず、今の感覚を認めて、それに従う…なんて未知の領域過ぎますw。

その方法はライフパーパス個人レッスン準備編で習得していきます。

僕たちの持つ「偶然」を創り出す力は、自己受容と関わりがあります。

ひとりではその作業をすることは難しいでしょう。

なぜなら、僕たちは「いい人」でいたいからです。

過去がああだったからと、自分を制限せず、不安や恐れから未来をコントロールすることなく、単純に今が最高に楽しい、喜びの連続で人生を創っていくツールがライフパーパス個人レッスンにはあります。

自分の人生の舵を握ろう!

 

関連記事

  1. どんな愛を受け取って生きているか、それは想像を超えている

  2. 偽りの達成感に振り回されていませんか?ありのままを認め今を生きる秘訣

  3. 起業と恋愛は似ている?「好きって言っちゃえばいいじゃん!」

  4. 「何をすべきか?」よりも大切なこと

  5. 力を思いだす触媒となるか、力を奪うか… セラピストとは?

  6. お金はリーダーシップに集まる… どんなリーダーであるかは重要?

  7. あなたの「頑張る」「達成感」は何の表現ですか?

  8. 停滞感は、新しい可能性の予感

過去記事一覧