人生いろいろ、愛し方いろいろ“その2”

こんばんは、いちごが出始め、その価格安に驚きながら恩恵にあずかる潤治です。
甘い丸い大きい旨い の“あまおう” が398円で買えて上機嫌です。今年はいちごを大量に食べそうな予感です。
2shot.JPG
さて、最近、夫婦で愛し方について話すことがありました。
今はお申込受付を締め切っていますが、AQUAMIXT の裏メニューだった 「潤治の恋愛処方箋」 におかげさまで、多くのお申込をいただきました。本当にありがとうございます。恋愛という自分の姿を等身大で見られる機会をさまざまな方たちと共有することが出来ています。
自分自身の恋愛経験で気づけなかったことも、皆さまの体験、思いから学びが深まり、僕自身の気づきにもなりました。
そこには、愛という形のないものをいかにその人その人で受け取り方、表現の仕方が違うかという学びでもあります。恋愛だけに限らず、両親・友人からの愛の表現にも当てはまることです。
言葉で “愛” なんて表現するととても素敵なものに見えてしまいますが、愛って何でしょうか?そして、愛されている、愛せていると思える時ってどんな時でしょうか?そこに大きな落とし穴があります。僕たち夫婦、僕だけ?はその落とし穴にはまる時があります。

b120122.jpg
AQUAMIXT 潤治&寛子による 「ロマンスエンジェルレッスン」 はまもなくリリース。
スピリチュアリティとコーチング、カウンセリングやワークであなたのロマンスをサポート。
1月22日・2月11日・3月3日
Comming Soon!

夫婦で “愛し方” について考えてみました。


前回参考記事…「人生いろいろ、愛し方いろいろ」
僕が愛されていると感じる時、
それは相手が僕の気がつかないような所で気を遣ってくれることを実感する時です。
たとえば、家に帰るとご飯が作ってあり、お風呂が沸いていて、
枕元には折りたたんだ寝間着が置いてある…、それを当然のような顔をして「お疲れさま」 と
声をかけてくれる。
なので、僕もそれをパートナーの寛子にしようとします。
だって、自分がされて嬉しいことですから。
でも、彼女はそんな僕を面倒くさい人って言ってくれます。
寛子が愛されていると感じる時、
それは、ふたりが一緒にいるという時間の濃さや密度です。
たとえば、一緒に目的に向かって協力しあったり、同じビジョンを共有しあったり、
協働関係にあり、意思の疎通ができ、そのようにコミュニケーションをしている。
なので、彼女もそれを僕としようとします。
それが、彼女が愛されていると感じることだから。
そんな彼女に僕は、暑苦しい人って思ってしまいます。
お互いの愛し方、愛されているという意識の違い…
そこに夫婦喧嘩の種は眠っています。
とりこんだ洗濯物が折りたたまれずに放ってあると、
僕は自分が大切にされていないと感じます。愛されていないと感じます。
彼女にとってそれよりも一緒に畳んだり、会話をしながら片付けに取り組むことのほうが、
一緒にいる時間の密度が濃いと思います。それが愛されていると感じるのです。
そのことを僕が無視して、無愛想に片付けを始めると彼女は愛されていないと感じます。
なぜ、怒っているのか、彼女には意味不明です。
お互いが 「愛されていると思う行動や意識」 が違うために生じる、ささやかな、
しかし決定的な相違点です。
ほんの小さなほころびが、大きくなっていくこともあります。
この相違点のために離婚することもあるでしょう。
まるで、話している言語が違うような感覚なのですもの。
お互いの感覚を、標準語にするために、テレビやメディアが素敵というような夫婦像に
自分たちの感覚を合わせていくのもいいかもしれません。
「普通、こうでしょ?」 というように…。
ドラマの主人公の台詞を自分の言葉のように使ったり…。
お互いの生まれ育った環境が違うのですから、
その違いに目を向けてみる必要があると思います。
  その違いが、お互いの 「理解する才能」 をさらに開花させていきますように…。
似たもの同士で、お互いが安心するところを探していると、心は穏やかでしたが、
後々になって、全く別の人間なんだと驚愕した僕の一度目の結婚でした。
違いを歓迎できるような人になっていければいいなと今は感じています。

違いに排他的→違いを容認する→違いを歓迎する

そんな変化をしていくのかもしれません。
それがパートナーシップ、人間関係の素晴らしいところですね、きっと。

関連記事

  1. 人間関係に何を観るか~幼児決断からのリハビリ~

  2. 「食」が放射能から私たちを守る~ローフード編(4)代謝酵素とは?

  3. [iPhone]自然を観じる暦アプリ「くらしのこよみ」

  4. コミュニケーションの楽しさ

  5. 身体と心と魂と…癒す時間を作りませんか?

  6. 魂が望む仕事って何だ?

  7. 嫌いなままでいられなかった男

  8. 手は語る、身体は発する… スピマフォローレッスン感想

コメント

  • コメント (2)

  • トラックバックは利用できません。

    • 潤治
    • 2011年 12月 18日

    mayuさま
    コメントありがとうございます。
    読み込んでいただけること、とても嬉しく思います。
    価値観の違いに対して行動を起こす、歩み寄ることは
    とても勇気がいると思います。
    すべてを受け入れようという姿勢になることも難しいと思います。
    それを実践できるってとても素敵だし、愛の表現だと思います。
    それを愛だと思ってくれるから、
    相手も話し合いの場を持ってくれるのでしょうね。
    とても素敵なシェアをありがとうございます。
    感謝をこめて

    • mayu
    • 2011年 12月 17日

    こんばんは~お二人の愛されてると感じることの違い、とても参考になりました。文章を見て、自分ではうまく表現できなかったことが、そのままそこにあった!という感覚です。
    ありがとうございます‼
    価値観の違いに向き合うことに、勇気がいる私たちでしたが、先日私から動いて(^^)話し合えました。
    会う前に、彼のビジョンも受け入れよう~と決めていたのが、落ち着いて話し合えた気がします。お互いの時間の感覚や価値観の違いはあるけど、離れててもお互いを必要としてることは同じでした。
    長々とすみません。愛し方についても話し合いたいなと思いました。(^O^)/

過去記事一覧