身体は受け取り上手、スピリチュアルマッサージ基礎講座

11月23日(木・祝)にスピリチュアルマッサージ基礎講座を開催します。

多くの方の身体を施術してきました。
その中で気づくのは、身体を通して、自分自身に「受け取ること」を許す素晴らしさです。

人は肯定されたいという思いを持ち続けています。
それは自己存在にも関わります。

未熟児の発育を促すために、スウェーデンでは触れ合うを多くするタクティールケアというものもあり、近年では認知症の緩和、改善にも効果があるとされ、知られるようになりました。

人の肯定されたいという思いは、どのように満たされていくのでしょうか?

あなたが肯定されていると思う時はどのような時でしょうか?

褒められた時?
何かの成果に高評価を受けた時?
試験に合格した時?
名前で呼ばれた時?
お礼を言われた時?

コンビニでプリンを買った時にお手拭きまで付いていた時?
居酒屋のトイレに入ったら、ペーパーが三角に折られていた時?
自動車事故を起こしてJAFが来てくれた時?
何も無いと思って冷蔵庫を開けたら、大好きなエクレアが買ってあった時?
ふとテレビを点けたら大好きな俳優が出てきた時?

と、まぁ…

自己肯定感は僕たちになくてはならないものです。
さまざまな「肯定された」と思う瞬間はあるようです。
十人十色ですね。その人の歴史を思います。

しかし、肯定感を得る瞬間は言語的なものだけではありません。

赤ちゃんはシンプルに求めてきます。
なぜなら、自己存在が危ぶまれることが命にも関わることを知っているからです。

そう、「身体的な触れ合い」です。

抱っこしていないと泣き止まない、眠らない、という赤ちゃんを不思議に思わないですよね?

大人になった僕たちは、まさか抱っこしてよと泣き叫ぶわけにはいきません。(本当に?)

泣き叫ぶかわりに、違う形で自己が肯定されていることを確かめたがります。
そういう面倒臭い男が、我が家にもいます…。

自慢する人、アピールする人、自己憐憫に浸る人、役に立とうと頑張る人、自分を見せることに躍起な人、痛みを身体に植えつける人、不幸者になろうとする人、病気になる人、緩慢な自殺行為のような食生活を営む人、ヒステリーや癇癪を起こす人、人を傷つけようとする人、批判・中傷をして自分の傷を癒す人…。

人は肯定感を得るために、人生のほとんどを使っているのかもしれません。

すこし、泣けてきませんか?
ワイパーが無いので、パソコンの画面が見づらいです…。

赤ちゃんはシンプルに求めてきます。

ただ、「身体が受け取ることに委ねる」だけです。

肯定感を得るために、何も複雑なコミュニケーションを取る必要はありません。

そっと、温もりを身体で感じるだけです。

その効果は誰もが感じていることでしょう。

あなたも赤ちゃんの頃を経て、今があるでしょう?
僕はそうですけども…。

皮膚は耳で聞こえない音を聴き、目で観るように何かを感じたり、頭で考えるように何かを考えています。

スピリチュアルマッサージ基礎講座は、身体が受け取ることを思い出す機会になるでしょう。

触れ合い、手当て、温もりにもコミュニケーションスキルがあります。
通常の対話でも、受け入れやすいものとそうでないものがあるようにね。

あなたの身体的な対話を見つめてみませんか?

関連記事

  1. 身体と対話し、自分とも他人ともつながりやすくなる

  2. 自分の身体を恋人のように扱っていられたら

  3. この春「トキメキ恋愛」シリーズが始まります

  4. いのちをたべる(5)

  5. いのちをたべる(1)

  6. 「奇跡の水」と呼ばれる素粒水の不思議(1)

  7. 「自分」じゃなければ分からない、その「自分」すら分からない 僕は海が好…

  8. 子どもが病気になったとき、パートナーシップは試される?

AQUA MIXTの無料メール配信サービス

新着記事

過去記事一覧