絶対正義!使命感に燃える人はあなたの周りにいる?

「言っていることはわかる。でも、そんなにキツイ言い方をしなくても…。」

「あなたの理屈ではそうなるかもしれないけど、威圧的でなんか怖い。」

「正義感を振りかざして攻撃されているように思えてしまう…。わたしが悪いのかなぁ?」

「あの上司には、ほうれんそう(報告・連絡・相談)がしにくい。だって年中イライラして圧が強いから。」

「あの上司に睨まれると頭が真っ白になって、自分でも何を言っているのかわからなくなる…。」

周りを疲弊させたり、怖がらせたりする人

本人は使命感からそれをしているのでしょう。
しかし、周りの人たちが疲弊し、怖がっているようなら、何かしらの「ズレ」が生じています。

何かしら充実感を味わいながら仕事をしている人は、周りに優しいものです。
ゆとりがあるし、その仕事も「させてもらっている」という感謝の気持ちでいっぱいだからです。

自己表現を仕事を通じて「させてもらっている」という感覚ですね。
それが結果的に暑苦しくない、押しつけがましくないコミュニケーションになります。

ズレが生じている使命感を持っている人もいます。
作業や行動にあたり、完璧に近いパフォーマンスを見せます。

しかし、その人が醸し出す雰囲氣はイライラしてものだったり、周りに圧迫感を覚えさせるものがあります。

話しかけにくい人っていませんか?

その使命感が「自分が正しい」というところから発していることも往々にしてあります。
ですので、周りの人たちに対して、他罰的だったり、攻撃的になることもあるかもしれません。

そういう人に出会ったときは、

「この人の使命感は何を証明しようとしているのだろう?」
「その使命感を何のために持っているノだろう?」

と心の中で問いかけながら、目の前の人と接するといいかもしれません。

威圧感を周りに感じさせる人が、幼い頃から創り上げてきた世界を思うと…
優しい気持ちになれたりも、しばらくするとなりますw。

そういう人とどのようにコミュニケーションを取りますか?

[clink url=”http://aqua-mixt.com/archives/25964″]

投稿者
この記事を書いた人

スピリチュアル・カウンセラー ・催眠療法士・整体師 ・菜食料理研究家

両親の離婚をきっかけに、小学生の頃より心理学やコミュニケーションを探究し始める。
リストラ・離婚という逆境の中から、自分の生き方を見出す。
20年前より、学校カウンセラーとして、親子の悩みに寄りそい、現在は夫婦の「直感磨きセラピーサロン」を15年間主宰している。

自身の逆境の多かった経験から、コンプレックスや生きづらさを才能として活かす生き方のサポート、セラピスト・ヒーラーの育成をしている。

AQUA MIXT★水本潤治をフォローする
人間関係
AQUA MIXT★水本潤治をフォローする
アクア・ミクスト
タイトルとURLをコピーしました