「世界は僕をはめようとしている!軽んじている!」とか言っちゃって…

先日まで、メルマガ記事で書いていたテーマ「ダークストーリー」に大きな反響がありました。
誰もが「ダークストーリー」に入る引き金を所有しています。

ダークストーリーとは、人生において怖れの幻影を僕たちに見せる、今まで育んできた思い込みや決めつけ、ある一定のパターンを持った考え方と言えます。心理学でいうところの「人生脚本」「幼児決断」などの一部と言えます。

些細なことでその引き金は引かれ、怖れの幻影に冷静な判断ができなくなります。

僕で言えば、予定通りに物事が進まない時に何かその後押しをするような出来事、カフェでそれが起こるなら…

僕のダークストーリー(自分らしくいられない人生脚本)
「世界は僕をはめようとしている!軽んじている!」
が発動します。

例えば、

  • オーダーを頼もうとして店員を呼んら聞えずに、無視されたと思い始める
  • オーダーを頼んだとしても、提供まで時間がかかると軽んじられていると思い込む
  • 頼んオーダーが違っていたら、度量を試されていると感じる
  • 店員同士が話していて、「水…」という単語が聞えたけで自分(水本潤治)のことを話されているのでは?と臨戦態勢になる
  • 案内された席が汚れていたら、わざと僕を先導し、オマエはこの程度と言われているような氣がする

などなど、ほんの一例ですが、自分の視野が狭くなる時に起こる事象で簡単にダークストーリーに入っていきます。

「どうすれば、ダークストーリーに入らずに済むのか、または入っても影響を少なくできるのか?」

その癖や傾向を自分で知り、自分の行動や生き方について周囲の人たちを責めるといった責任転嫁を止める必要があります。

そして、自分の人生の在り方を整え直し、創造するのは自分の責任(自由)と受け容れることです。

受け容れる際に、過去を理解するというプロセスはとても大切と感じます。

理解は自己完結に結びつき、未完了な感情を癒すからです。

さまざまな過去への執着も見て取れるかもしれません。
怒りや憎しみの奥にある悲しみに氣づくかもしれません。

その過去へのしがみつき、怒りや憎しみを普段は感じないように多くの人が振る舞いますが、きちんとありがたいことに隠しきれない事象がやってきてくれます。それがダークストーリーかもしれません。

世の中の風潮、または教育やしつけでは、怒りや悲しみは感じないようにすることはあまり良くないことと捉えることが多いですが、本当に大切な感情を観ないでは前には進めません。

自分を変えてくれるような手法はたくさんあるように思えますが、それは「自分が何を欲しているのか」「自分は何をしたいのか」「自分は自分に正直であるか」「どのような感情を持つ傾向なのか」という整理された想いや意志があって、相乗効果を発揮すると僕自身は思います。

しかし、思考はすっかり汚染されているために、そこから創り出された現実を僕たちは生きていることがあります。(僕け?)

  • そもそも、自分の可能性を信頼せずに自分を過小評価している
  • 他人に迷惑をかけてはいけない症候群を患い、遠慮や犠牲が発動する
  • 常に頭の中で流れるフレーズは「○○してはいけない」「○○すべき」と詰問ばかり
  • 過去にしがみつくフレーズ「せっかく…」「やっぱり…」が口癖
  • 疲れ果てた心につけこむ世の中の「現実逃避させてくれる仕組み」にどっぷり→散財
  • 世界に対する安心感、信頼感が無く、勇氣がでない
  • 人間関係や世間の喧噪にもまれ、人生が混乱している→ヒステリックアドベンチャー

…といった状態で、自分らしく生きようと発破をかけられても、偽りのライフパーパスを生きるか、燃え尽きてしまうまで他人の価値観や夢を追いかけるかもしれません。

【人生の呪縛シリーズ】あなたの「○○」を外すメールリーディングは、テーマを絞ってその悲しみや怒りを観ていきます。

その人その人が持っている人生への「隠れた動機」が見えてきます。

今回の追加テーマは「復讐」です。

また、それが人間関係で生じると混乱はさらに混乱を呼ぶでしょう。

「感情ゲームから抜け出せ!」人間関係スピリチュアル・コーチングは受付しております。

こちらもお試し1回からお申し込み可能です。

人間関係で悩むことがなかったら、どのような人生を歩みますか?
人間関係が生きる情熱や豊かさ、学びや勇氣を与えてくれるものばかりとしたら、毎日、どのような氣持ちで朝を迎えることでしょうか?どんな自分で生きることになるでしょう?

それは僕たちの選択と創造に委ねられています。

関連記事

  1. インディゴチルドレンにとって大切なもの

  2. あなたのせいでわたしはこうなりました…復讐劇は蜜の味

  3. 世の中には僕たちの不安をあおるものがいっぱい

  4. 神さまのまな板の鯉 幸せな降服

  5. 自分の人生すべてを自分で選択できるとしたら?

  6. 「なりたくない!」と「なりたい!」はコインの裏表

  7. 映画「母さんがどんなに僕を嫌いでも」人生は変えられる

  8. 信じ続けるのはタフなこと?「盛夏」

過去記事一覧