物事を両立させながら、仕事で成果を出す方法

AQUAMIXTに対しての評価をいただく機会は、この十数年でとても多くなりました。

その評価は、メールの数、サービスへのお申込み、ブログのアクセス数、そして、お越しになった皆さんの情熱的なお言葉の数々で表されることが多いです。

面識のない方からのお問い合わせのメールやお電話も増えました。

さぞ完璧な仕事と子育ての両立をしているのだろうと思われることも多いのですが、その実態は、

いつも、不完璧で不完全な、矛盾した自分たちです。

私も沢山の気づきがあり、やっぱり一区切りつくための時間だったんだなと思います。

寛子さん、潤治さんも子育てしながらしっかり出来ていると言う感覚が無いなぁーとお聞きして勝手に背負っていた物が降りました。

いつでも変えられる、いつでも辞められるし続けられるしなんだって良い。そう思える時間になりました!ありがとうございました。

そして、新しいカードを見て、カラフルなイメージが出来ました。

そして、欲しくなりました笑。
それでは、またお世話になるかと思います。よろしくお願い致します。
(H.K さま 女性)

完璧は永遠にやってこない

こうあるべき、という思いは、自分を苦しめることが少なくありません。
そして、こうしなくては(しなくっちゃ)、という自分に課すものが自分を制限することもあります。

自分よりとてもうまくやっている人、自分より素晴らしい人はたくさんいます。

そして、「自分はこういう人間だ。」「自分はこうして生きてきた。」という自負が功を奏することも少なくありません。

そして、そういった自分の物語、自分に課す一貫性は、自分の誇りや拠り所になることもありますが、それによって氣付かないもの、視野に入っていない可能性もあります。

絶対に仕事で成果を出す!という強い思いが仕事を効率化させ、何か同時並行でいろいろなことができることもあるでしょう。

そこにどのような動機があるかにもよりますが、
我が家では子育てと仕事を両立させるために、

「絶対」を無くす
「比較」を無くす
「競争」を無くす

を心がけています。

もちろん、したくなったら、やってもいい。
そして、完璧を目指すに越したことはないけど、早めに息を抜くこと、です。

そのほうが、自分が描いたものよりも良い結果がやってくることも多々あります。

「自分が描く完璧」を超えたものを信頼できるかどうかが鍵になりそうですね。

関連記事

  1. 人生の変化の前は一時的な落ち込みを経験する?それが望むものなら望むほど…

  2. 自分らしく生きたい!の消極的な探し方

  3. ライフワーク一歩手前の物語「行動すれば次の現実(2)」

  4. シックスセンスを信頼してスピード結婚した夫婦

  5. 「何をすべきか?」よりも大切なこと

  6. シンボルで伝えるメッセージ☆レジン作品

  7. かもかもテンションで「人生の不快から遠ざかるゲーム」を終わらせよう!

  8. お金はリーダーシップに集まる… どんなリーダーであるかは重要?

過去記事一覧