スーパーマーケット巡りはドラマだッ

こんにちは、潤治です曇り重ね煮トマトソース.jpeg
厳しい暑さが続きましたが、今日は朝から曇り空です。
涼しくて、過ごしやすい気候で、ホッとしています。
太陽の日差しが年々厳しくなっているように感じています。
男子用の日傘が売れているのが解るような気がします…。
さて、昨日は「潤治のデトックスランチレッスン~重ね煮を使いこなす~」 が開催されました。重ね煮を作り置きしておくことで、毎日の料理の手間が省け、時間短縮することで光熱費もかかりません。とってもエコな知恵です。
昨日は、元青果チーフの野菜の選び方ツアーがたっぷりの時間をとってのレッスンとなりました。
スーパーの売り場はとてもドラマチックです。
売り手の思いや、生産者の思い、青果物の顔を見ていると
数時間が経ってしまうことも少なくありません…。

昨日はメロンの見分け方、ブランドの紹介、「今、買い!」の紹介、産地別の特徴、売り手の思いが売り場に表れているポイント、逆に売り手の罠が仕掛けられているポイント…などをご紹介いたしました。
日々の買い物が少しでも楽しく、そして、冒険に満ちているかを感じていただければ幸いです。ドラマチックな売り場巡りはいつもワクワクなのです。
そのひとつに今が旬のじゃがいも、三方原のじゃがいもがあります。


昨日は3店舗を巡回して、買い出しをしました。
お店によって特徴があり、そのお店お店の“売り”を見つけて
使い分けることが節約にもなります。
果物の強いお店、野菜の強いお店、
主力商品が常に安いお店、主力商品以外のものが安いお店…
売り場は人が作り出すものですから、特徴はさまざまです。
レッスンでは、ひとつひとつ…、
売り場の見方、青果物の目利き、売り場の特徴を見ていきます。
何気なく買っているジャガイモ…
今の時期、男爵イモの中でもとても美味しいジャガイモ“三方原男爵”が出回ります。
4月~6月いっぱい市場に出回る新ジャガイモで、
皮が柔らかくて、白いお肌が特徴です。
この時期しか味わえないので、売り場で見たら“買い!” です。

“このジャガイモは三方原産です!”
売り場では POP でアピールしていましたが、
消費者がその思いをくみ取っているかは疑問です。
売り手側の思いが一方通行…という良い(?)例です(悲)。
青果物ひとつひとつにストーリーがある
生産者の思い、小売業者の思い、自然が作り出す力、
そのつながりを感じながら、買い物をして、料理をする…。
ジャガイモひとつとっても、感謝が溢れてくるのを感じます。
レッスンでは、料理の方法とそうした食のつながりをお伝えしていきます。

青果物がいかに人の身体、心を安らぎに導いてくれるか…

美味しいご飯を食べながら、そんな思いを共有させていただければ幸いです。

関連記事

  1. 夏が来ると思い出す…

  2. レタスを見て、多くの人の作業を感じる

  3. 美味しいきゅうりを食べましょう

  4. 動きながら、考えている?

  5. 美味しいセロリーを食べましょう

  6. おまえの売り場を作るしかないんだよ(1)

  7. 迷惑かけてないなんていわないよ、絶対。

  8. おまえはサラリーマンじゃない!商人だ!

AQUA MIXTの無料メール配信サービス

新着記事

過去記事一覧