星の羅針盤シリーズ「ゆだねる力」感想

SKC005.jpgおはようございます、潤治です晴れ
今日は立春ですが、朝の冷え込みは厳しいです。
これから少しずつ春がやってくる1日1日の変化を楽しめたら素敵ですね。
さて、今回は星の羅針盤シリーズ「ゆだねる力」 のスカイプレッスンのご感想を掲載させて頂きます。
遠方の方や、ワークショップには参加することが難しいという方向けに、スカイプで行います。60分×2回のコースです。1回ごとにご自身のタイミングと星の羅針盤の内容をアレンジしていきます。
今回、気づかせていただいたことは、コミュニケーションにおいて相手をコントロールしてしまおうとする心の動きです。人とのコミュニケーションで 「…してあげたのに」 という言葉が湧き上がってくるとき、その「…のに」は自分自身の心の在り様を観させてくれるきっかけになると感じます。
その心の在り様を静かに見つめていくと大きな全体像が見えてくるかもしれません。
コミュニケーションが生み出す恩恵を受けとっていきましょう。

潤治さま・寛子さま
「星の羅針盤・ゆだねる力」ありがとうございました!
話している間、まだ何か出てきそうな感じがありましたが、その後、出てきました。
   
それは「あんなに相談に乗ったのに」
もしくは「相談に乗ってあげたのに」・・・「なのにあなたは」 ということだと思います。
確かに、初対面なのにそこまで話してくれて、彼女もあなたになら安心して話せると言ってくれたことが嬉しくて、心を許していたので、だからこそショックだったというのはあります。
   
でも今日のワークのおかげで、これから人とコミュニケーションを繰り返していく上で、貴重なことを教わりました。
何か戸惑ったときに、私は私の世界、相手は相手の世界という角度で見る事と ゆだねるということを活用できれば、随分生きやすくなると思いました。
元々今日のテーマにしたいと思っていたことは、長くつきあっている方がいて、その方のことは好きです。
ただ最初から、何か違和感がありました。なんだろうって思ってました。
で、最近ようやく気がついたのです。
お話するときもメールも、その方から「感情」がほとんど出ていないことに。
ちょっとだけショックでした。
私以外の人にもそうなのか、私だからなのか知りませんが
もしなんらかの感情を抑えているとしたら・・・
私って、どうしてあげればいいのだろうとか、どうすればいいのだろうとか考えていました。
感じていた違和感は、今から思えば、壁のような感じでした。
こちらからは入れない壁。
でも、今日のワークのときに思いました。
その方がそれでいいのなら、いいかって。
もしかしたら、今はそれのほうがその方は楽なのかもしれません。
わざとかもしれませんが、身についているものかもしれないし。
それをこちらがコントロールしなくてもいい。
私は私で、つきあっていこうって。
コントロールなんかしたら、相手はしんどいかもしれないですね。
そう思うと楽になって、その方を受けれいることができたような
違和感がなくなったようです。
とても楽しく、有意義な時間をありがとうございました。
また次回をとても楽しみにしています。
(K.I さま 女性)

あなたのコミュニケーションが生み出す奇跡を感じていきます
 第6回 「ゆだねる力」
・2010年2月20日(土) 聖ヶ丘 13時~17時
コミュニケーションは信頼や愛をベースにしています。
あなたの無限の可能性を持つ「心」の力を最大限に発揮しましょう。
 ぴかぴか(新しい)番外編 「決断力」
・2010年3月20日(土) 聖ヶ丘 13時~17時
ぶれない自分でいるために…、過去の自分を受け入れ、今を生きるために…
自分の内側で行われるコミュニケーションを見つめていきます。

関連記事

  1. 信じ続けるのはタフなこと?(1)

  2. 克服するのではなく、常に向きあう姿勢

  3. 新月の祈り~Circles of Abundance~☆感想

  4. “言うまでもない”が心の便秘を生む?

  5. “食”は洞察力を支える

  6. 満月のリリース&新月の祈りWS☆感想(2)

  7. [願いを祈りに]10月05日●09:35天秤座☆新月の祈り

  8. オーラや身体に蓄積された記憶

過去記事一覧