自分の責任で選択・洗濯

こんにちは、潤治です曇りIMG_1327.JPG
最近、天気予報に動じない勇気を実践しています。
予報では、雨が降る…と言いながら、突然、晴れ間がのぞき、
慌てて洗濯機をまわすか悩むことが少なくなく、
まわさないでいると、さらに晴れ間が広がり後悔することがあります。
せっかく、朝、洗濯をしようと決めたのに、天気予報に心がぐらつきまます。
思い煩うよりも、こうしようと思ったらやり遂げるということにしました。
洗濯をして外に干せればラッキー、部屋干しでも臭いがしないように重曹を入れて洗う。
傘が荷物になって不快なら、持ち歩かないで、降ったら濡れる覚悟をする。
情報のせいにして、心をざわつかせるよりも、自分の判断に責任を持つと心が自由になります。
普段、生活していると、情報があまりにも多く、自分の判断、心の声を聴かずにいることがよくあります。


自分の心の声は、情報よりも小さく聞こえてくるように感じます。
あまりにも小さな声なので、聴き耳を立てる必要があります。
その声を聴くために、自分に質問して聞き出すという方法もあります。
“私が一番、望んでいることは何でしょうか?”
また、その声を聴くために、周りの雑音から遠ざかる方法もあります。
“身体を楽にして、目を瞑り、呼吸に意識を向けていきます…”
周りの雑音は、時に自分の声のように感じることがあります。
だいたい怖れから声ですが、情報と結びついて、
いっそう真実味のある声になります。
“今から、それをやるのは遅すぎる”
“そんなことしてお金になるの?”
“そんなことをやって意味があるの?”
“わざわざ、そんなことをして無理だったら?”
“あの人の真似をすれば安全だよ”
“そんなやり方でうまくいっている人なんていないよ”
“冒険せずに、このままでいようよ”

情報と結びついた怖れの声は、時に的確な判断かのように思えますが、
心にモヤモヤを残します。
このモヤモヤが、心の中でやがて発酵していきます。
いろいろな表出をします。
人生へのチャレンジ精神を萎えさせる
人の冒険心に水を差したくなる
自分らしくない姿にイライラする
現実逃避で、何かにハマる
何となく自分が嫌いになる
引きこもりたくなる…

情報をできるだけ遮断して、
心の声を聴くことで何かに気づけるかもしれません。
目的を持って、情報と繋がれば、私たちの心が反映されます。
幸福感で情報と繋がろうとすれば、自分を幸福にさせてくれる情報と繋がるでしょうし、
ぼんやりと情報と繋がれば、情報元の意志(怖れ)を感じることになるかもしれません。
自分がどうしたいか、どう生きたいかを自分の責任で選択していくことが、
モヤモヤを溜めずに、スッキリと生きるコツのように思います。
少し勇気と覚悟が要りますが…。

「覚悟」とは 暗闇の荒野に!! 進むべき道を切り開くことだッ!
   ―ジョルノ・ジョバァーナ(イタリアのギャングスター「ジョジョの奇妙な冒険より」)

タイトルとURLをコピーしました