正解のない人生の中で

こんばんは、スピリチュアルカウンセリングにおいて、IMG_1138.PNG
恋愛・家族関係・仕事・お金などへの思いを共有する潤治です。
カウンセリングをしていて感じるのが、
僕たちは正解を探してしまっていないだろうか?
ということです。
たとえば…
△ + ◯ = 6
という数式をあたえられているとしたら、何をいれますか?
無数にあると思います。
要するに自分で決めた答えが答えであるということですね。
次に、

3 + 3 = ◯

という数式だとどうでしょうか? 答えはひとつしかありません。
それは「答えを決める」 というよりも、「答え探し」 ですね。
なので、探している答えは決めるものではなく、
どこかに正解があると思って、外に求めることになるかもしれません。
このメンタリティになることが、僕には少なからずあります。
しかし、
「 答え 」 はありますが、「 正解 」というものは人生にはない
と思います。
あとは自分が 「それをどう決めるか」 の話になります。


外に答えを求めると、
環境や他人、過去(時間)などに責任転嫁してしまうかもしれません。
僕たちには人生の答えを決める力があるというのに です。
自分ではどうしようもない と自分自身を過小評価しがちです。
環境や他人、過去(時間)はコントロールできないものだと感じます。
僕たちは、コントロールできないものをコントロールしようとし、
コントロールできるものを、コントロールできないもののように
あきらめる傾向があるように思います。

これも自分自身の力を、過小評価しているように思います。
自分ではどうしようもないような状況がやってきたら、
決める力、発揮する機会なのかもしれません。
参考記事 「責任転嫁は蜜の味」

僕たちが、外界の影響よりも、
「誰もが自分の感情の状態を
変える力を持っている」
「誰もが自分の行動を
決める力を持っている」

…と気づいていくことは、
僕たちの自由を取り戻すことにつながると思います。
そんな思考のチェックや見方を変えるレッスン
 
遠隔(電話かSkype)セッション
 または、対面セッションとなります。
 1回のレッスン時間 30
 ※延長 10分毎に+1,500縁
投稿者
この記事を書いた人

スピリチュアル・カウンセラー ・催眠療法士・整体師 ・菜食料理研究家

両親の離婚をきっかけに、小学生の頃より心理学やコミュニケーションを探究し始める。
リストラ・離婚という逆境の中から、自分の生き方を見出す。
20年前より、学校カウンセラーとして、親子の悩みに寄りそい、現在は夫婦の「直感磨きセラピーサロン」を15年間主宰している。

自身の逆境の多かった経験から、コンプレックスや生きづらさを才能として活かす生き方のサポート、セラピスト・ヒーラーの育成をしている。

AQUA MIXT★水本潤治をフォローする
ハッピーライフ
AQUA MIXT★水本潤治をフォローする
アクア・ミクスト
タイトルとURLをコピーしました