すべてが神さまからのメッセージ

おはようございます、高校生の頃、
光GENJIのようにデニムの短パンを履いていた潤治です。IMG_0582.JPG
デニムのショートパンツ…
“認めたくないものだな…、
自分自身の若さゆえのあやまちというものを…”

といった気分です。
おまけにバンダナを頭に巻いていました。(JR東海か!)
光GENJI の影響のせいにしていますが、
そのデニム短パンを履き、電車に乗り、映画を観に行こうと考えたのは、僕自身です。
女の子をデートに誘ったのも、
バンダナを短パンのベルト代わりにしようとしたのも、
後ろポケットに入れてアクセント代わりにしたのも、全部全部、僕の判断です。
光GENJI のせいにして、過去に蓋をすることもできますが、
自分自身の若さゆえの過ちを受け入れると、
懐かしさのほうが増大
していきます。
「受け入れること」 が心の力にブレーキを踏む事柄から解放するように思います。

心の力にブレーキを踏む事柄…

心理学を体系的に学ぶ×スピリチュアルな視点


こうでなければならないという執着
本当はやりたくないことをやろうとしている矛盾
問題は自分の外にあると思う責任転嫁
犠牲者になってその事象に向き合わない自己憐憫
承認欲求の間違った表出→自己顕示欲
損得のものさし

…などなど。
でも、そんな気持ちに浸るのも、
僕たちは許されています。

だって、にんげんだもの。(みずを)
それをあたかも許されないことのように扱うと、
苦しくもなるでしょうし、自分じゃない誰かになろうとしてしまうかもしれません。
こうでなければならないという執着は、
自分に厳しい分(本当は甘い)、他人への批判や憤りが増えるでしょう。
新しい可能性を吟味することもないかもしれません。
本当はやりたくないことをやろうとしている矛盾は、
我慢することを自分にも他人にも強要するかもしれません。
こんなに頑張っているのに…と「…のに」 が口癖になるでしょう。
問題は自分の外にあると思う責任転嫁は、
その時は、心の負担や痛みに鎮痛剤を打ったように楽になるかもしれません。
しかし、知らず知らずに心の澱は増えていき、無気力・無感動につながるでしょう。
犠牲者になってその事象に向き合わない自己憐憫は、
自分をかわいそうと思う気持ちよりも、かわいそうな自分を世界に発信して、
何かを得ようとする、苦しみに満ちた愛情欲求になるかもしれません。
承認欲求の間違った表出→自己顕示欲 は、
シンプルに愛を表現できないため、
自分の気持ちや相手の気持ちに鈍感になるかもしれません。
何か正しい判断や評価、情報が欲しくなるでしょう。
損得のものさし は、
他人からどう見えるか、どう影響を与えられるかを最優先にし過ぎて、
自分の心のものさしを使うことが無くなっていくかもしれません。
本当に望むことを見失うでしょう。
そうした感情やありがちな思考が、
神さまからのプレゼント
だとしたら…、
それを認めて、受け入れることが大切かもしれません。
そのうえで、それらの影響を感じ、
何を選択するか自分で決められることを知る。
否定するのではなく、共存していく覚悟のようなものでしょうか。
『決める力』 が人生を、さらに豊かなものにしていくと思います。
どんな答えも間違いじゃなく、許されている世界で、
心が喜ぶこと、今の自分に正直なこと、楽しくなる選択をしていきたいですね。
みずを (水本潤治)

投稿者
この記事を書いた人

スピリチュアル・カウンセラー ・催眠療法士・整体師 ・菜食料理研究家

両親の離婚をきっかけに、小学生の頃より心理学やコミュニケーションを探究し始める。
リストラ・離婚という逆境の中から、自分の生き方を見出す。
20年前より、学校カウンセラーとして、親子の悩みに寄りそい、現在は夫婦の「直感磨きセラピーサロン」を15年間主宰している。

自身の逆境の多かった経験から、コンプレックスや生きづらさを才能として活かす生き方のサポート、セラピスト・ヒーラーの育成をしている。

AQUA MIXT★水本潤治をフォローする
ハッピーライフ
AQUA MIXT★水本潤治をフォローする
アクア・ミクスト
タイトルとURLをコピーしました