ミディアムシップ・DNAのルーツ「エンジェルワーカー 魂の羅針盤コース」

いつもお読みいただき、本当にありがとうございます。
超高精細壁紙-338
AQUA MIXT 潤治です。
半夏生が過ぎ、もう数日で小暑となります。
夏本番ですね…。
夏と言えば、思い出すものは何でしょうか?
AQUA MIXT を立ち上げてから数年、夏になると思い出すものがあります。
それは「お盆」です。
当たり前のこと…ですね。
しかし、ちょっと違う?意味で、なのです。
地域によって7月か8月かはありますが、
夏のこの時期にご相談が多いのは、
亡くなられた方とコンタクトを取って欲しいというものです。


お盆の時期になると、
多くの人の意識が故人に向くからでしょうか、
チャンネルが合いやすくなります。
夏に怪談話や霊体験話が多いのは、
涼しくなるためにということだけではなく、
人の意識があの世とつながりやすいため
…かもしれないと感じます。
10数年前、江原啓之さんの本を読んだ時、
亡くなられた方のメッセージを伝えるお役目をされていて、
そういう世界もあるんだな…とくらいしか思っていませんでした。
月日が経ち、まさか自分がそのようなことを
人にするとは思いも寄らなかったです。
しかし、この亡くなられた方からの声を聴くことが、
多くの人に癒しの機会を与え、僕自身、天命を生きようと、
心に決めることができたように思います。
AQUA MIXT のシックスセンススクールでは、
「エンジェルワーカー 魂の羅針盤コース」を開講しています。
そのコースの講座のひとつに、
守護霊や亡くなられた人からのメッセージを受け取ったり、
ご先祖さまからのギフト・受け継がれてきたものを
理解するといったものがあります。
「ミディアムシップ・DNAのルーツ」です。
超高精細壁紙-340
あなたを守る存在を知り、死生観を見つめ直し、
どうして、その家族に選んで生まれてきたのか、
といったことを理解していきます。
それは僕たち自身が命の連続の中、
この世界に生まれた感謝や溢れる情熱を
さらに感じる機会になると想います。
そして、多くの日本人がお盆という習慣を
当たり前のように過ごしてきたのは、
ご先祖さまに守られていることへの感謝が
そうさせていたのかもしれません。
親しかった故人やご先祖さまを、
目を閉じて思い出すことはありませんか?
その時にまぶたの奥で「いつでも会える」と感じるのは、
その魂と触れあっているからです。
その感覚を磨くことで、
よりはっきりとメッセージを受け取れるようになります。
それはあたたかい魂の交流です。
もし、コースを受けられることをお考えのようでしたら、
ご相談くださいね。
あなたと他の待たれている希望者の方の日程を調整し、
開講となります。
お待ちしております。

関連記事

  1. 信じ続けるのはタフなこと?(3)

  2. 天使といた季節

  3. ベジタリアンな日々

  4. 癒されていない部分は成長する余白

  5. 感情のジェットコースターから降りて人生を味わう

  6. 彼女に好意を伝えるためにサッカーシューズを買った僕

  7. 大天使レッスン1 あなたを導く大天使

  8. 台湾の旅~地元の人との出逢い~

過去記事一覧