あなたを自由にしてくれる束縛はありますか?

「自由とは責任のことである。だからこそ、人は自由を怖れる。」
Liberty means responsibilty. That is why most men dread it.

自分が希望した選択を何の障害もなく、手に入れる不安はいつもながら心がざわつくものでした。

f9f90ebd9d2e06b083adf9003fe0f541_s

2月1日~4日の4日間、僕はアクセス・コンシャスネス(R)の講座を朝から晩まで受けていました。とても楽しい4日間であったし、受講者の皆さんとも楽しい語らいもいくらかできたように思います。

普段は都心に行くことも、何かを学ぶために人の話を聴くということもしないので、何もかもが新鮮でした。ひとりでいるという自由を感じていました。

自由と言っても、僕を束縛してくれるものがあっての自由ですから。
幸せに束縛してくれる家族をありがたく思います。
束縛のない自由は、単なる「不定」であると僕自身は過去を振り返って思います。

昔、「拘束が厳しいから自由でいたい!」と彼女に言い放ちながらも、
他の女性には束縛してくれと頼むという「嗚呼、青春の矛盾巡り」
という感じでしょうか。

このあたりは、潤治の恋愛処方☆セキララレッスンなどで…w
(近日、告知予定です、きっと)12698175_1162081190482662_493846669046511430_o

さて、話を戻しますが、その楽しい4日間は、僕にとってワクワクの止まらないものでした。
そのワクワクは、その楽しい思いを共有することができる家族がいるからと思っています。4日間の講座が終わって、明くる日から前後不覚になるほどの風邪に床に伏すとは思っていませんでしたが…。

講師の一言一句を聞き逃さないと思うことは当然のことながら、

自分が説明する時はどうだろう?
楽しく伝えるためにはどうすれば?
もっと本音で、相手に届く言葉は何だろう?
それは生きている言葉だろうか?

と僕も一緒に講師をやっているような氣持ち(烏滸がましくもw)で、
講師の話に聴き入っていました。

遠慮や恥ずかしがることも、
ええ格好しいも手放し、自分を100%分かち合おうと甘い覚悟をしました。

覚悟通りの素晴らしい4日間でした。

行きも帰りの満員電車の中でも、

この叡智をまた多くの人と分かち合える!
皆さんのおかげで学ぶために時間をとれる!
応援してくれる人に少しでも良いものを届けたい!
満員電車に乗る必要の無い仕事の選択肢をありがとう!

僕の時間もお金も創造性も、僕のものではなく、
たくさんの人たちの僕への投資、応援、感謝などの「幸せな束縛」によって創り出されると僕は思っています。

僕は何も持たない者、かもしれませんね。
100%自分を他人と分かち合うということはそういうことでしょうか。

自分を他人と分かち合わずに孤独を纏って、
他人が助けてくれることを待ち続けていた頃が懐かしいです。

ああ、これもまた、恋愛処方箋☆セキララレッスンなどで。

12694622_1162081120482669_2070205443267627236_o

関連記事

  1. 天職は苦手なことかも知れない?!

  2. 2017年のテーマ☆ダメダメな自分こそ才能に気づくサイン

  3. お互いに出逢えるといいな、アースエンジェル

  4. ○○日〆の翌月○○日支払いという周期

  5. たいしたことないです、こんなの普通にできることですから…的な傲慢

  6. 自分らしくあるために対峙するかもしれないもの

  7. ライフワーク一歩手前の物語「目標設定の憂鬱(2)」

  8. どんな愛を受け取って生きているか、それは想像を超えている

過去記事一覧