恋愛を通して「創造するか・消耗するか」

いつもお読みいただき、本当にありがとうございます。
AQUA MIXT 潤治です。
WallpapersHD-363
恋愛処方箋☆セキララレッスンの受付を開始いたしました。
男女関係は僕たちに「考えること」「感じること」の機会を普段は気にしないで済む感情をあぶり出しながら与えてくれます。
どうして男として、女として?生まれてきたのかを異性(同性)を通じて感じる機会にもなります。
自己存在を再構築する機会というわけですね。
その相手を通じて、映し出された自己を観ることができれば良いのですが、
内省や洞察する力、そもそも自分をありのままに観る自己受容の問題にも及んでいきます。
面倒臭くなりましたか?恋愛。
また、逆に恋愛や人と交わることへの怖れも出てきます。
「怖れ」という感情に蓋をして無関心という態度で臨むこともできますね。
誰かと仲良くなりたい、繋がりたいと思っていながらも、
一歩を踏み出すのに躊躇したり、逆に勇み足になって失敗したりと、
人間関係、特に恋愛ではありがちなことです。

「怖れ」でブロックした心に風穴を開けてくれるのが、
人を好きになるという感情だと思います。

風穴は言ってみれば、魂を呼び起こしに来た天使の仕業です。

それに従って、行動をとれると良いのですが、
人間には「怖れ」がつきものです。

それを自覚することで新たな選択肢を選ぶ勇気やセンスを思い出せると感じます。
残念ながら、過去の僕の恋愛は内省や自己洞察に向かわず、
ただただ、ひたすら相手に「愛を担保に要求」し続ける態度でした。
恋愛を通して創造していくか、または消耗していくかは僕たちの選択次第です。
以下の場合は、恋愛処方箋☆セキララレッスンが必要です。

恋愛を通じて、自分自身成長していきたいと思う
相手の愛し方に翻弄し、自分を見失うことがある
いつの間にか相手に依存して、自分を見失う
恋愛に対して興味がない、またはセピア色の思い出になりつつある
相手に依存されるのが怖くて、つい強い人を演じてしまう
異性に尽くして燃え尽きてしまう
セクシャリティ(性)の問題で踏み込めない自分がいる
相手に合わせすぎて犠牲になっている自分を感じる
プライドが邪魔して恋愛に踏み込めない
いつの間にか相手に浮気されていたことがある
好きになった人がたまたま既婚者である
男性の深層心理が解らないで振りまわされる
夫・妻以外に恋に落ちてしまった
面倒な異性を好きなり、恋愛運が無いと思っている

…と、さまざまな恋愛模様を共有し、ありのままの自分を感じるレッスンです。
そして、それがとっても素晴らしいということも。

関連記事

  1. 満月のリリースWS☆感想(3)

  2. ワクワクシリーズ(5) ワクワクは魂のプログラミング

  3. アラフォー出産の身体作り~お茶選び

  4. 赦しの旅、終わりなきもの

  5. 奇跡と祝福の連続の旅 IN 台湾 【潤治編・6】~台湾好男子説~

  6. タイジング~豊かさの10分の1を分かち合う~

  7. あなたは悪くない…

  8. Cycles of Abundance ~豊かさとお金~ 感想

過去記事一覧