きみはひとりでは走れない

PA080003.jpgこんばんは、潤治ですいい気分(温泉)
明日は少し温かくなるようですねッ。
そろそろジョギングを再開させようかと思っています。
ここ多摩市聖ヶ丘周辺は、とてもジョギングに向いていると感じています。
公園はいくつもあるし、その公園から公園へ遊歩道で移動できるので、車社会との接点が少ないですし、アップダウンが多いので、単調なジョギングにならないし…と、本当ジョギングに最適です。
あとは、僕の面倒くさがり屋さんとどう折り合いをつけていくか…です。
そんなことを思っていたら、詩が出来上がりました…。
「きみはひとりでは走れない」
です。

きみが描いた夢は
多くの人に応援されているんだよ
想像してごらん
今は見えないかもしれないゴールテープの向こうを…
そのテープの向こうで歓声を送ってくれている人たちを…
今はきみの周りにいないように思えても
きみがそのゴールテープを切る姿を見守っているんだよ
スタートラインから踏み出す一歩は、ひとりかもしれないけど

風をうけ、鼓動が高鳴り、汗をかいていく中で
伴走してくれる人、声をあげて応援してくれる人が現れる
想像してごらん
きみの苦しみを自分のことのように感じてくれる人
きみの孤独な闘いを応援してくれる人
きみはひとりでは、走れない
わかるかい?
きみの一歩一歩が誰かの心に響くんだから
きみの一歩一歩が誰かの夢を育むんだから
きみはひとりでは、走れない
その一歩は
きみが迷っている一歩は
誰かのための一歩でもある
うしろをふり向かないで
たどり着くよ
だって向かっているんだから…

関連記事

  1. 豊かさを定義する「つながりから見えること」

  2. よこやまの道 散策 保湿魂再燃

  3. 思い出の国からの束縛

  4. 録画されたビデオを何回も観る人生

  5. 時間はつながっている~信託時間~

  6. ワクワクシリーズ(1)人生の目的とワクワクの関係

  7. インディゴチルドレンにとって大切なもの

  8. 片想いと自己否定

過去記事一覧