トトロ編:ジブリ作品と私のライフワーク(2)

寛子です。
ずっと夢だったライフワークを生きるようになったこの数年、夫婦でAQUA MIXTを立ち上げ心から好きな事だけで働くことが出来るようになりました。
その中で、お金だけではない様々な豊かさを受け取るようになりました。
PC080069.jpgそして、子供の頃の記憶や感覚を思い出すことが多くなりました。そのうちのひとつが、「となりのトトロ」の映画の中の世界が現実であること。
AQUA MIXTのミッションの中にある「見えない存在との繋がりを感じる」こと。
今日は、私のライフワークの原点となる子供の頃の体験談です。


本当は忘れているだけで、誰もが子供の頃は天使や妖精、自然の精霊たちと繋がっています。
お子様をお持ちの方からは、天使を呼ぶと(自分には見えないけれども)子供達は「お母さん、天使が来たよ!」なんて言われるという体験談もよく聞きます。
多くの子供は、何かのタイミングでその感覚を大人や周りから否定されることで、繋がりを感じなくなっていくようです。
あるいは低い霊体ばかりと繋がってしまうことで、怖いものを見たくない!と自らサードアイを閉じてしまうケースもあるようです。
私自身は比較的年齢がいっても、目に見えない存在と繋がることを当たり前に過ごしていました。
覚えているのは高校時代まで、悩みがあると自宅近くの大きな森のある公園へ出かけ、あるいは学校のそばの雑木林で、自然の精霊たちに悩みを聴いてもらいメッセージを受け取り、癒され、悩みもすぐに解決するのでした。
悩みを友達に相談されることは多かったけれども、自分はあまり相談せずにこうして解決していました。
いつでも、メッセージが届いていました。
小さい頃から色々な存在にいつも守られていることを感じて、子供心にも悪戯をする時に、背後や上から見られていることが恥ずかしいと思ったこともありました。
私が子供のころ、母は旅先で座敷わらしにあった話を、よくしてくれました。
その座敷わらしの姿の可愛さを描写して話す母は、少女のようでした。いつでも聴いていたい話でした。
両親が子供たちの感覚を否定するようなことは、一度もなかったと記憶しています。
母は「虫の知らせ」にも敏感な人で、祖父の死のタイミングや愛犬の死期がすぐに分かりました。でも母にとってはそういうものを感じることは特別なものでもないので、周りの人がそれを分からないことの方が不思議なようでした。今のスピリチュアルブームにも、とんと疎い人です。
改めて、恵まれた環境で育ったのだなぁと実感します。
私の個人的な悩みを聴いてくれていた天使や妖精たちですが、ある時違いました。
私が中学2年生の頃、当時の私は授業中の居眠りでとても有名だったのですが(いや、今でも…)、その居眠り中に、いつもの天使や妖精たちよりもエネルギーの強くて大きい存在の声が頭中に響きました。
「今の地球の状態を、観じて欲しい。何とかして欲しい。」
もう、居眠りしている場合じゃない!
当時は80年代のニューエイジブームもあり、学校の図書館でもニューエイジの本を多く借りて読むことが出来ました。
まだ「スピリチュアル」という言葉が一般的に使われていない時代ですが、内容はほぼ同じと考えてよいでしょう。
今の私のスピリチュアリティを融合したライフワークの、原点がここにあります。
元々自然科学が好きで将来専門にしようと思っていたので、多くの科学の本を読んでいました。量子力学についても、中学時代からファインマン物理学を愛読していたほど。
そしてその本の傾向も、現代の科学では証明されないグレーゾーン、あるいは非科学的と呼ばれる領域を含む ニューサイエンスに傾倒していきました。
地球環境についても、強く意識するようになっていきました。
特に当時の私に影響を与えたのは、「100匹目のサル」で近年また有名になった、2008年に亡くなられたライワル・ワトソン博士の著書。

Amazon.co.jp ウィジェット

私にとって、ライアル・ワトソンの著作の世界観は「となりのトトロ」に通じる世界でした。
サイエンスであり、ファンタジーであり、その境界の曖昧な、文学的な文章。
目に見えない繋がりを、感じ、地球への大きな愛、精神圏と生命圏の繋がりの描写に、涙する内容ばかりでした。
(お気に入りの著作については、別途レビューさせていただきますね~!)
私が悩みを聴いてもらう森は、まさにトトロの森でした。
そして、そのトトロの森で精霊たちに癒された私の経験は、高校時代まで。
そして、大学受験を境にプッツリなくなります。
いつも授業中の居眠りして右脳型睡眠学習?!をしていた私が、ちゃんと受験勉強をしてしまったせいでしょうか…ちょっと鬱っぽい症状も出てきました。
大学生になると、頭でっかちに物理学を専攻して研究をするなかで、少しずつあの感覚を忘れていったのです。
そして、就職…もう、夜明けのレッスンシリーズで書いた私の闇の時代へ突入です。
そんな私が、20年かけてあの場所に戻ってきました。
中学・高校時代に愛したその森。
2年半前にライフワークを歩む中で天使たちに導かれて引っ越してきた今の自宅の、徒歩5分の場所にあったのです!! 
よくこちらでも紹介させていただいています、都立桜ヶ丘公園
引っ越しは、あれよあれよと言う間に導かれて決まってしまったので(参考記事:私の豊かさのストーリー)、実際にそこで生活を始めるまで気付きませんでした、そこに私のライフワークの原点であるこのトトロの森が存在したことを。
引っ越し、そしてAQUA MIXTのサロンをオープンしたことから、ますます私たちの子供の頃の感覚を思い出す作業に拍車がかかっていきました。
(続く)


初心者の方からリピーター、プロの方まで
ぴかぴか(新しい)天使と繋がるためのオラクルカードワークショップ
1日コース(ランチ付) 1月24日(日) 1月30日(土) 2月21日(日)
半日コース 2月11日(木・祝)  2月28日(日) 北海道札幌市内 
サイキック能力(第六感)を開花し、様々なスピリチュアルな存在と繋がるために
黒ハート【中級編】天使のヒーリングハート☆少人数レッスン
黒ハート【上級編】ライトワーカーのためのエンパワーメント☆少人数レッスン


P.S.
ワクワク楽しいライフワークの原点は、幼少期にあるとよく言われますが、本当にそうですね。
大人になるにつれて封印してしまった記憶や感覚が、ライフワークを歩もうと決めてからどんどん解放されていくように思います。

ライフーワークで豊かに生きていくことを実践していく中で、本田健さんの著作シリーズには今でも大変お世話になっています。

関連記事

  1. 「問いかけの魔法」効果を体感!

  2. 台湾素食を食べ、台湾の愛を思う…。

  3. あなたと違う世界を生きているだけ ミディアムシップ

  4. 2013年天使のメッセージ

  5. いつの間にかベジタリアン

  6. 母乳育児~おっぱい足りてる?~

  7. インディゴチルドレンの憂鬱「大人になって何が悪ーい!」

  8. 僕の中にいる彼の仕事

過去記事一覧