オレ様彼氏に右往左往… 自分の氣持ちはどこにある?

先日、娘の小葉(このは)の小学校入学式でした。
時間短縮、マスク着用、保護者、来賓不参加…などの制限の中での式でした。

おどろおどろしい式の光景に、

「いつかこれは笑える思い出になるのだろうか?」

と不安になりながらも考えていました。

ゴールの見えないマラソンほど、精神を削るものはないなと、
娘が卒園した幼児園での「謝恩会係騒動」の中で思います。

謝恩会係のリーダーをしていた僕は、もう、振り回される振り回される…(苦笑)。
不安をぶつけてくる保護者もいたかな?

その振り回される感じとは…

卒園式はするけど、謝恩会は中止、もしくは短縮…
と思いきや、謝恩会は無し…、卒園式も園児だけで…終わる
と思いきや、卒園式2部を2週間後に開催する…その時に記念品の贈呈だけはする…という

まるで

オレ様彼氏に

「今度の週末さ、沖縄のホテルに泊ろうよ。予約しといたから。」

「え、あ、うん、分かった。」

準備をしていると数日後、

「あ、やっぱり、北海道でラーメン食べよう。宿は予約し直したよ。」

「え、北海道? え、あ、うん、分かった。」

また、心積もりをしていると…

「あ、やっぱぁ、ハワイにしよう!きっと、君も喜ぶと思うよ!いいだろう?」

「…(怒)」

って、振り回されているような氣持ちでした…(苦笑)。

そんな、先行きが誰かに握られているような状況で、精神は削られていきます。

誰かに自分の命を、時間を、奪い取られているような氣持ちでした。

そんな時、大切だったのが、

「自分はこうする」と決める、
カタカナで言うなら、アサーティブになるということですね。
そのためには、本当に自分が大切にしたいものを決めることでもあります。

あとは、あぶり出される感情を丁寧に味わうということでした。
本当は嫌なのに、こんな時だから仕方がない、自分が我慢すれば…などと自分を抑圧することを正当化しないことです。

なぜなら、そこに、自分自身の「こうしたい」という氣持ちがあるからです。

今月の11日(土)に開催する「現実を変えるデスノート術」も、満月毎に3日間開催する「感情解放LINEトーク」も、とても役に立つでしょう。

何より、自分が楽に軽やかになります。

自粛ムードの時、自分を抑えていると、自分を見失いますから…。

関連記事

  1. 手は口ほどにモノを言う スピリチュアルマッサージ初級講座

  2. 僕たちは哀しきスピリチュアル記憶喪失患者

  3. 誤解を怖れないなら、僕は何をするだろうか?

  4. 変化をもたらすためにやって来た世代 インディゴチルドレン

  5. もう、会わないなんて言わないよ、絶対?「手放しの時期は神のみぞ知る」

  6. 胡散臭さの向こう側にあるもの(2)出逢いは良い試金石

  7. 怒りを力に変えて、前に進め! アンガーマネージメント

  8. 人生の基本的な構えを証明する感情ゲーム

過去記事一覧