人生のパートナーを現実化したシンボル「天使の羽根」

オーラに現れる見えない羽根

肩甲骨は天使の羽の名残、天使の羽の付け根、という表現があります。
昨日、潤治にアクセス・ボディプロセスの1つを施術している時に、エナジーをランする場所に「羽の付け根(肩甲骨)」と。ボディプロセスのマニュアルに、書いてありました。
そうそう私たちは、見えない翼を持っている。

実際に人のオーラを視ると、オーラの光が強い部分が、羽根状となっています。
その羽根の状態からも、人生で自分らしく生きている?、休養が必要?、人生に対する姿勢やどんなステージにいるか、表れています。
(オーラを視ると、その人のことかなり分かるんですね。)

今回は、私が20代の頃に「人生のパートナー」をイメージするようになり、そしてイメージ通りの人に出逢うことに繋がった天使の羽根のエピソードを紹介します。
自分にとってのイメージをしやすいシンボルがあると、現実化も早まるのですよ。

比翼の鳥は、雌雄片方ずつの羽根を持っている

20代の頃の私は。
大学時代に将来を誓い合った人との別れ。その別れを引きずり、恋愛に前向きになれないまま過ごしていました。

無茶な仕事、無茶な恋愛。
心身ともにボロボロになり、2回の休職を経て職場復帰をした頃。

人生のパートナーに出逢えるのではという、うっすらした予感を感じる時がありました。
どこかで魂は、知っていたのでしょう。

パートナーシップとは?

心理学では、愛し合いながらお互いの関係性を高めていく人間関係(夫婦や恋人)のこと。

私にとってのパートナーシップのイメージは、天使の羽根のイメージ。

人は、天使の羽根を片方ずつ持って生まれてくる。
一人だと片方の羽根ではうまく飛べないし、飛べる範囲も限られている。
けれども、自分の対となる羽根を持った人と出逢えば、二人で力を合わせて一対の羽根で飛ぶことが出来る。
そして、一人では行けない場所にも、二人なら飛んでいくことが出来る。

まだ人生のパートナーに出逢う前の私でしたが、そのイメージが一番しっくりきました。

それはあるエッセイストが自分のパートナーとの関係を語っている番組を見て共感したのですが、中国の「比翼の鳥」のイメージもあったのかもしれません。
比翼の鳥は、雌雄2羽の鳥が片方ずつの目と翼を持っていて、2羽が一体となって飛ぶという想像上の生き物です。

私の理想のパートナー像は、「私の片割れの羽根を持った人」となりました。
そうして、知らず知らずにアファメーションしていたのだと思います。
気づけば私の身の回りは、天使の羽根グッズだらけ。
それは、パートナーシップのシンボル(象徴)として、片割れの羽根の人と出逢いたいという想いと共に、常に持っていたのでした。

どんなパートナーと出逢いたいか、イメージしている?

理想のパートナーを現実化するために、いくつかのアプローチがあります。

ある方は、理想のパートナーはどんな人か、100項目書き出すワークをしたそうです。
外見から、性格や生い立ち、趣味や仕事、年収…あらゆる面からの100項目。
そして、その100項目全て満たす素敵なパートナーと出逢い、結婚されました。

そういう人が自分に本当に相応しいと心から思えれば、理想のパートナーは現れます。

私の場合は、どんな人か具体的なヴィジョンは全くありませんでした。
ただ1点「私の片割れの羽根を持った人」。
それだけでした。
自分と一緒に人生の目的を歩むことが出来る、共に飛べる、同じ方向を見ている人。

どんな外見で、どんな仕事をしていて、どんな性格の人かは、さっぱりイメージがありませんでした。
それでも、きっと出逢えば魂は分かるはず。

その「片割れの羽根」というイメージを強く持つようになって数年、人生のパートナーである潤治に出逢ったのでした。
「この人が、私の片割れの羽根を持った人だ!」と、直感は教えてくれました。
お互いその時、2人で将来のヴィジョンを形にする未来が、視えたのです。

そこからはあっという間。交際期間なく、直ぐに入籍。
お互いのことをよく知らないままでしたが、魂はすでに知っていたのです。

参考リンク:2013/05/09 ココリラにて初掲載

天使の羽根をシンボルに

理想のパートナーをイメージしやすくした、「天使の羽根」というシンボルは、その後も私にとってかけがえのないものとなりました。

天使の羽根はオーラの形でもあります。
そして理想のパートナーと関係性を深めていくもの、というシンボル。

今情熱を注いでいるレジンクラフト作品で、そのシンボルを日常に上手に取り入れるお手伝いが出来たらと、どんなサービスに出来るか案を練っているところです。

みんなのオーラを見える形に表現したい。
アースエンジェルが持つ天使や妖精の羽根を、カタチにしたい。
ソウルメイトに出逢うためのシンボル「天使の羽根」を、アクセサリーにしたい。
大天使シリーズもいいな!

と、アイディアは尽きません。

関連記事

  1. 結婚をしても、親になる覚悟はしていなかった…だってベクトル自分向き

  2. 完璧主義が愛情表現だなんて悲しすぎる

  3. お金の問題はパートナーシップを磨く機会~パートナーと紡ぐ、スピリチュア…

  4. 「奇跡の水」と呼ばれる素粒水の不思議(1)

  5. 罪悪感が人生の牽引にならないように【恋愛編】

  6. 好きが仕事になる寛子&好きを自覚しない潤治のライフパーパスの道

  7. ベクトル自分向きの恋愛に興じた男

  8. 忘れていた時に出逢う人生のパートナー~パートナーと紡ぐ、スピリチュアル…

過去記事一覧