人生の波に乗っているってこんな感じでいいの?

いつもお読みいただき、本当にありがとうございます。
すべての写真-1591
AQUA MIXT 潤治です。
多摩市に住んで、8年目。
「ハローキティにあえる街」ということは知っていましたが、まさか年間パスポートを購入して、会いに行くことになろうとは、当時の僕は知るよしも無かったのだった。(続く)
キティちゃんのパレード?はぁ??子どもじゃないのよ♪わたしは!?と思っていた僕が、場所取りをして娘と楽しむ、いやむしろ僕が楽しんでいる姿をしばらく受け容れることができませんでした(大袈裟…)。
年間パスポートを買い、ひとりでも訪れてしまうこの聖地に何を僕は求めているのだろうと感じます。
「楽しむことを指針にする。」と頭では理解していながらも、
癒しの仕事との接点が見えずにうろたえてしまいます。
娘は楽しそう、夫婦で盛り上がる、家族でミュージカルごっこ、
まるで修学旅行の戯れが日常に続くような気がしています。
それをそのまま良しとするために勇気がいるあたりが僕のテーマでしょうか。

すぐに罪悪感を引っ張り出してきては、周りで楽しみはじめる寛子や娘の小葉に
足かせをはめようとするパパなのです。
こんな楽しいことばかりしていちゃ駄目だよね?
もっと、きちんと生きないと駄目だよね?
冷静な洞察力は人生の多くの祝福に気づくために必要なものとはいえ、
無邪気さ、わがまま、好奇心、などを感じながらの洞察力は平衡感覚を見失います。
幼少期からの溜めに溜め込んだ、反抗期にも反抗しなかった、
僕が持っている「禁止令」が人生のあちらこちらで噴出するのです。
残念ながら、そういう密かに禁止令を発動し続けたい僕のダークサイドとは別に、
僕が思っている人生の波に乗っているという感覚ではないのですが、
僕の周りの事象は何か魂が望むものになっているようです。
そこで、ちょっとした法則性を見つけました。
効率よりも家族で楽しむを選択すると望んでいる仕事が増える
→頑張らなくても良いですか?
サンリオピューロランドへ行く時はエンジェルナンバー888を良く見かける
(※888 は豊かさを示すサイン)
→楽しむことが豊かさにつながっているというけども…。
混んでいるピューロランドに行くと、その晩か翌日は家族が荒れる
→まるで家族の膿が無理矢理出されるようで辛い
度を超えた楽しみもストレスになるのだと理解
→我慢しない人生を選んでも、違うきっかけで内面の矛盾や課題は炙り出される
などなどです。
「ワクワクして、好きなことだけ選択して、
楽しんでいれば豊かになれる」
というメッセージは僕にとって一面、真理ですが、同時に諦める、手放すものも出てきます。
すぐに罪悪感を持ち出して、自分にも周りにも足かせを強要する癖
自分がきちんとしていなければ人生は崩壊するという怖れ
誰かを犠牲にする、出し抜くことになるという罪の意識
自分がいなければという肥大化した自尊心
などでしょうか。
僕にとって人生の波乗りは、颯爽とした美しいものではなく、
これで本当に大丈夫?という不安と背中合わせのものかもしれません。
僕自身はその波乗り姿に納得していなくても、周りの事象は好転していきます。
上滑りのポジティブで颯爽と波乗りしているような気分でいたいのですが…。
気分が良いからね、上滑ラーズハイ。
新しい人生への取り組みを最近、感じています。
20150803-105727-1

関連記事

  1. 信じ続けるのはタフなこと?「秋分」

  2. 「なりたくない!」と「なりたい!」はコインの裏表

  3. 叡智はすでにあり、それは理解不能なこともある 素粒水生活

  4. 信じ続けるのはタフなこと?「梅雨」

  5. 信じ続けるのはタフなこと?「晩秋」

  6. 自分が不幸だと思っているところに人生の目的がある

  7. 溢れ出る自分の情熱が人生の指針になる ライフパーパス個人レッスン

  8. 星に願いを、家事に祈りを… 家事は神事

AQUA MIXTの無料メール配信サービス

新着記事

  1. スピリチュアルマッサージアイコン

過去記事一覧