日々の信頼する姿勢はコツコツと積み重なる「奇跡、チョロいっしょ!(爆)」

自分がいかにできないかということを知れる機会はとても貴重だと思います。

なんとなくできているつもり、誰かの助けでできていること、あえてしないで済んだこと、避けてきたことなど。

あえて〇〇することで、自分がいかにできないか、苦手か、嫌いか、がハッキリとする機会があります。

先日、ひとり旅で台湾に行きました。

AQUAMIXT が主催していたスピリチュアルツアーも、
僕のほとんどの海外旅行も、寛子が計画し、現地での状況判断をしていました。

ふたりで決めていたように思っていましたが、実質は寛子の選択がすべてです。

その道中では、いつも奇跡的なことが起こりました。

行く場所場所で豪雨が晴れたり、親切な現地の人に出逢ったり、破格の値段でガイドしてくれたり…。

それら奇跡的なことがいつの間にか僕の中で「あり得ること」と軽く思えていました。

まぁ、要するに奇跡をナメてたわけです。

「奇跡、チョロいっしょ!」

そして、本当にナメてたのは、寛子の奇跡を起こす力でしょうか。e55b1258495bf51916abb5b180e7f1d5_s

明確なヴィジョンとコツコツとした奇跡を起こす日常の姿勢、それらがベースにあっての旅行計画、行動。

僕の台湾ひとり旅は、

「ミラクル(奇跡)無し」でした。

もう、ダメダメな旅です。

行きの電車では、国際線ターミナル駅に行くはずが、
国内線ターミナルに着き、構内で迷うし、台北駅構内でも同様。誰も助けてはくれないし、
まるでドラエもんの石ころぼうしを被ったかのよう…。

【石ころぼうし:石を模した表面を持つ半球型の帽子。
これを被ると、まるで道端の石のように周りから一切認識されなくなり、
自身の存在を完全に消すことができる。Wikipedia より】

スーパー台風の直撃を受け、ホテル缶詰という事態。
外歩きはことごとく迷子になり、SOGO も三越も入口がわからず退散。
ガイドブックが古いことに気づいたのは最終日。

あ〜ぁ!寛子がいたらなぁ!

と何度思ったことでしょう。

SOGO の入口が分からずウロウロする自分は何とも恥ずかしく、情けなく…、

「残念な男」でした。

寛子は僕の旅行中に同じようなことを思ったようです。

娘と2人の生活は、とにかく家事が非効率。
後手後手になりますね。
結果的に、メールなどの対応にしわ寄せが。
主婦業って、真面目にやろうと思うと際限なくどこまでも出来てしまって、
結構忙しいものです。
外で働いている・お金を稼いでいる方が評価される風潮は、
おかしいなと思います。
家族の健康、快適な暮らし、様々な気遣い心遣いのこもっている
家事なのですから。
潤治の主夫業の段取りの良さに、改めて感動します。
【メルマガから引用】

「できない自分」をハッキリと認識することで、相手への感謝を味わうことになりました。

と、同時に自分が心から楽しく、得意で、好きなことにもっと時間を費やし、
そうでないことはそれを好きで、得意な人にお願いしようと思いました。

そうすれば、もっと自分と違う人に寛容になり、歓迎できるようになれそうです。

何でも自分でやろうとする姿勢は、
ある意味「傲慢」で、他人との関わりを「信頼」していないのかもと感じました。

自分と違う人がいるということは、とてもありがたいことです。

みーんなSOGOの入口が分からないなんて不幸ですから。

関連記事

  1. パートナーシップは自分である理由を教えてくれる

  2. ソウルメイトがリレーしていく関係〜出逢いと決別

  3. 本心からのコミュニケーションがもたらすもの

  4. 夫婦喧嘩は感情的な冒険

  5. 夫婦セッションで見てえてくるもの

  6. 受け継がれてきた(身につけた)愛の形

  7. パートナーシップのために…(2)『○○○にならない。』

  8. 大人になってからも学べる人間関係の甘噛み

AQUA MIXTの無料メール配信サービス

新着記事

過去記事一覧