暗闇の中で仄かな灯りを感じるリーディング

いつもお読みいただき、本当にありがとうございます。
AQUA MIXT 潤治です。
日本で始めてのドリーン・バーチュー博士認定コースである、
「認定エンジェルカードリーダートレードマーク(TM) オンラインコース」
に夫婦で日本語訳音声として携わらせていただきました。

11月フォローアップ講座

本コースは、当初予定していた定員を大幅に超過する方々が受講され、
すでに2013年10月末をもって第1期募集を終了しています。
第2期の募集開始は 2014年1月を予定しているそうです。

認定エンジェルカードリーダー(TM)オンラインコース日本語担当ATP(R)水本潤治・寛子スペシャルインタビュー

そしてその後のコースでは監修・校正を受け持っています。
すでに300名以上が受講され、130人ほどの認定エンジェルカードリーダートレードマーク(TM)が誕生しているそうです。
エンジェルカードリーディングは、ドリーン・バーチュー博士のエンジェル・セラピーレジスタードマーク
入門であり、大切な基盤
です。
エンジェル・セラピーレジスタードマーク に興味がある方、セラピストとして基本に返りたい方には特にお薦めしています。


受講生のサポート講座やAQUA MIXTでのレッスンを通じて、11/24 CACR(TM)フォローアップ講座
オラクルカードを使ったリーディングの楽しさ人に気づきや癒しを与える神聖さを日々感じています。
また、そのメッセージに従って行動する際のミラクルをAQUA MIXTを立ち上げてから数年、たくさん体験・共有することができました。
直感に従って生きることの大切さ、
自分が「守られて」生きている感覚、
それらのことを信頼して生きることの素晴らしさを感じています。
直感に従って行動することの怖れや不安は誰にでもあると思います。(→僕だけ?)
まさにそのことがオラクルカードリーディングをしている最中にも起こります。
たとえば、1枚のカードでリーディングする際、
特に自分のことだったり、身内のこと、家族関係をテーマにすると、
モヤモヤとしたもの、不安や怖れが湧き起こってきます。
1枚のカードリーディングが教えてくれることは、
直感力を磨くということ・天使と繋がるということです。
天使とつながることは、誰しもできることだと感じていますが、
その確信を持ち続けることは、エゴ・思考による妨害もあり、
難しいと感じる方も多いようです。
1枚のカードリーディングから、
いつでも天使は確信的なメッセージを与えてくれます。
そのメッセージを受け取るためにエゴの声に邪魔されずにいるためには、
日々の練習や姿勢が問われるように感じています。
「やっぱり」このメッセージで良いんだという確信を増やすことはとても大事です。
数枚のスプレッドで難しいものを読み解くという感覚よりも、
シンプルなメッセージからどれだけ天使と対話できるかということが大切なように思います。
どうしても多数のカードから読み解こうとすると、
「繋がる感覚」を飛び越えて、直感という仄かな灯りよりも、
このカードはこういうものだという限定された意味、決められている意味といった、
煌々とした明かりに目を奪われてしまうこともありますから。
オラクルカードリーディングを確信に変えていくためにも、

暗闇の中で、仄かな灯りを楽しんでみることも必要だと感じています。
次第にその暗闇がは、僕たち自身の確信が増えていき、
と同時に自己受容がされていくにつれて、灯りが増えていきます。
そのような感覚をAQUA MIXT の
「テーマ別オラクルカードレッスン」では共有していきます。
次回は2014年1月11日(土)開催です。
身内に対するリーディングをレッスンしていきます。
ひょっとしたら、あなたのルーツが分かるかもしれませんよ。
テーマ別オラクルカードレッスン〜親子関係編

関連記事

  1. コントロールできないものをコントロールする徒労感

  2. インディゴエンジェルオラクルカードを手にして…

  3. あなたを導くオラクルカード

  4. 【動画】夫婦円満のために必要なことは?☆ロマンスエンジェルオラクルカー…

  5. セラピーをしている時の落とし穴

  6. オラクルカード女子(オラ女)「陽子の場合」

  7. 天使のサプライズ誕生日@TDS☆その1

  8. 【動画】クリスマス・リーディングボックス@ライトワークス五反田本店メッ…

過去記事一覧