認定エンジェルカードリーダー(CACR)受講生サポート講座のレポート

いつもお読みいただき、本当にありがとうございます。
CACR(TM) 受講者サポート講座
AQUA MIXT 潤治です。
先日、五反田のライトワークス本店にてドリーン・バーチュー認定エンジェルカードリーダートレードマーク(TM)コース受講生フォロー講座に夫婦ふたりで講師という機会をいただきました。
AQUA MIXTのオラクルカードワークショップ開催実績通算100回以上の経験を元にふたりで皆さんの疑問や戸惑いに対応致しました。
既に 300名以上の方が学習を進めている
「CACR(認定エンジェルカードリーダー)トレードマーク(TM)オンラインコース」。

オラクルカードの創始者ドリーン・バーチュー博士の日本初の認定講座ですから人気があるのも当然でしょうか。
10月末に第一期の募集が終了するようですので、ご検討中の方は「いつ、やるの?」と自問自答するのもいいかもしれませんね。(→今でしょう。)
Facebookを介して、リーディングしあう相手を見つけるというのもこのコースの特徴のひとつですが、今回のフォロー講座のように対面でコミュニケーションをするというのがその人の確信につながっていくと感じます。

CACR(TM) 受講者サポート講座


直感や霊視、インスピレーションという形で天使からのメッセージを相手に伝えるのがリーディングですが、それは確証の無いことなので、確かめる必要があります。その確かめる場に今回の講座が幾ばくかでもお役に立ったら良いねと夫婦で取り組みました。
その確証、(僕は「やっぱり」貯金と呼んでいます)自分を信頼できる要素を集めることは人とのコミュニケーションにおいて成しえるものだと思います。ダイヤモンドがダイヤモンドでしか磨けないように、僕たちを磨いてくれる機会は人との触れ合いの中にあるというわけです。
オンラインという気軽に自宅でできる学習スタイルはひとつのメリットですが、それを補う機会は多少面倒なことですが、人と触れあうことだと感じます。それも、できるだけ密に。
今回のフォロー講座はその人のメッセージを受け取る感覚(クレア)を再認識したり、リーディングを楽しむための感覚を共有していきました。
カメラロール-206610月27日(日)も同じ講座(内容は参加者のエネルギーによって調整されます。)を開催していただけるそうです。

11月24日
(日)は時間延長でランチも御一緒しながらのロングバージョンです。この回は起業についてやプロとしてやっていくために必要なもの、姿勢など僕たち夫婦にとっては大好きな内容にしていくつもりです。
大好きなテーマなので、AQUA MIXTのシックスセンススクールではプロフェッショナル養成コースとして深い内容で扱っています。
学習とはコミュニケーションを通じて身についていきますから、独学というスタイルでは難しいし、感情的な動きがあることで学びが深まると感じます。
自分をオープンにする場を作り、コミュニケーションを取ることで学習はさらに深く僕たちを成長させてくれるでしょう。
そして、コミュニケーションとは外側のものだけではなく、
内側で起こるものを感じ取る必要があります。
それが外側のコミュニケーションに影響するからです。
自分の中で何が起こっているのか?
ということを扱うのもプロフェッショナル養成コースの特徴です。
それを知らずに外側のコミュニケーションを磨こうとしても、
それはまるで現在地が分からずに目的の場所に行こうとするようなものです。
車のナビゲーションシステムもまず現在地をセットしますもの…。
オラクルカードセラピーということでリーディングを
セラピーに高める
レッスンを潤治が請け負っています。
【選べるコース】オラクルカードセッション☆個人レッスンです。
オラクルカードを使用してセッションをされる(していきたい)方向け。
天使と繋がる感覚・天啓・直観力を使用し、
その人の持つ才能・人格・雰囲気やテンポと融合したセッションを目指します。

こちらもご検討中の方は「いつ、やるの?」
自問自答するのもいいかもしれませんね。(→今でしょう。)CACR(TM) 受講者サポート講座

関連記事

  1. 【動画】お金の問題に隠された本当の問題とは?☆フェアリータロットカード…

  2. 過去生の体験に影響される失う恐怖☆親子編

  3. 天空の相談部屋☆2011年8月第4回「告白されたけど友人以上には考えら…

  4. 【動画】夫婦円満の秘訣☆ラビングワードカード―フロムジーザス

  5. スピリチュアルカウンセリングは必然に…

  6. あなたのリーディングスキル、姿勢は確実にステップアップする!

  7. 条件付けされた世界の中心で愛を叫ぶなんて…

  8. オラクルカードリーディングをセラピーに高めるために

過去記事一覧