お肉みたいな植物性タンパク-ボンラスパイユ永山店

おはようございます雨 寛子です。
今日は春分の日、昼と夜の長さが同じになる、ひとつの区切りの日です。

そして、実は大切な仲間どいちゃんと私たち夫婦のコラボの「直感ワークショップ」のちょうど1周年グッド(上向き矢印)

今日は第6弾となり、とても感慨深いですぴかぴか(新しい)
1年前も雨だったなぁ~などと思い出したりします。
今朝は実家に電話をしました。
「ワークショップの帰りに、寄るね!」
私の実家は、聖ヶ丘のサロン(兼自宅)から徒歩10分程の場所にあります。
近い割には顔を出していなかったりするのですが・・・
数年前のお正月に
「私たち、ベジタリアンになったので・・・」と実家で話して、愕然とされたのも懐かしいです。


最初は私たちにどんな料理を作ればいいのか?と、料理好きな母もかなり悩んだようでした。
私たちも数年の試行錯誤で現在の玄米菜食(マクロビオティック×ナチュラルハイジーン)生活になったのですが、私たちもたまに愛用する、お肉代わりになる植物タンパクを母に紹介しました。
料理にあった形状の大豆タンパク小麦タンパクをお湯で戻し、お肉代わりに料理に使います。
ボンラスパイユの植物性タンパク(品ぞろえは店舗の方が充実しています)
鳥の唐揚げ風のベジカラ(=ベジタリアン唐揚げ) も、唐揚げ風植物タンパクを使って、触感そっくりに作れます。
最初は唐揚げ用に味付けしたものを実家に持って行って揚げてもらったのですが・・・黙っていたら、見事に父が鶏肉とだと信じて「美味しい!」と食べていましたわーい(嬉しい顔)
最近は母が「春巻」に挑戦してくれました。豚バラ風の植物性タンパク製品もあるのです。
もう、春巻など何年食べてなかっただろう私たち夫婦は、数年ぶりのその味に嬉しくて嬉しくて、死ぬほど(大げさ)いただきました。私が子供の頃から大好きだった、母の味そのままでした。
一緒にシュウマイも作ろうという話になり、別の機会に母と実家の台所(かなり狭い)で、押し合い圧し合いしながらも大量の春巻とシュウマイを作りました。
細切りの小麦タンパクを、シュウマイに加工するのがとても面白く、こちらもそれらしいものになりました。
食欲に負けて、写真を撮るのを忘れてしまいました・・・トホホ。
AQUA MIXTのランチ付レッスンでは、たまにこれらの植物性たんぱく=もどき肉も使っています。
是非お試しくださいね。
ご興味のある方は、AQUA MIXTの最寄り駅「小田急・京王永山駅」前のグリナード永山1Fに、オーガニックショップ「ボンラスパイユ」があります。
聖ヶ丘のサロンへお越しの際は、お立ち寄りいただけるといろいろなオーガニック食品が手に入りますよ!
かつては新宿のボンラスパイユまで買いに行って愛用していた私たち、気付けば永山店が新しくオープンしてました。
しっかりと、引き寄せの法則?!

関連記事

  1. 魂が喜ぶ仕事、それはどこにある?

  2. 電話セッション☆感想(5)

  3. “ケツの穴の小さか男たいね!”状態…

  4. 楽しい雑談から生まれる「求めていたもの」

  5. マクロビスイーツ実習&お茶会☆御礼

  6. 人生は伴走者がたくさんいる駅伝のようなもの

  7. ソウルメイトリレーションシップ☆個別レッスン感想

  8. メールリーディング☆感想(7)

過去記事一覧