優しさに包まれている世界

PC220119.jpgこんにちは、潤治です雪
年末に行われました 「インナーチャイルド×I LOVE ME.」ワークショップ のご感想を掲載させて頂きます。
インナーチャイルド(癒されていない子供の心) が大人になった時に何か窮屈に感じたり、心のブレーキになったりすることがあります。蓋をしてしまった感情もあるかもしれません。そのインナーチャイルドが自分の一部であることを認め、受け入れることで、新しい行動や思考を生み出すことができます。
ワークでは、子供の頃の感情を思い出していったり、ワクワクした経験を共有したり、今の人生を拒む感情を見つめたりしていきます。
あのとき、自分は傷ついたんだ…と過去を受け入れていく作業がもたらす恩恵は計り知れません。
自分を大切にするということは、自分の過去の感情も、今の感情も大切にしていくことかもしれません。
子供のころの感情を大切にしていますか?
優しさに包まれていたときを思い出す機会はありますか?

子供の頃の自分…思いついたらやってみないと納得しない、とても無邪気で無鉄砲。
「おてんば」という言葉では収まりきらない位の元気の塊でした。
「普通」という規格にも収まりきらない位…。

それがいつしか、人前に出たいのに人目が気になり、
やりたい事があるのに人目を気にして動けない…
そんな自分になってしまいました。
元気でいることが罪悪に思えることすらありました。
知らず知らずのうちに、「無鉄砲」や「無邪気」な自分を心の隅に追いやっていました。
今までインナーチャイルドには、どれだけ寂しくて辛い思いをさせていたんだろう…?

これからは、心の声にもっと耳を傾けてあげたいです。
先日のWSで子供の頃を思い出しているうち、フッとある事に気がつきました。
私の子供達は私の小さい頃とソックリ…という衝撃の事実 (^_^;)

やってみないと納得しないし、「駄目!」といっても効き目なし。
やっぱり「普通」の規格から、かけ離れた感性の持ち主ばかり…

自分の感覚、感性が第一の子供達ばかりです。
子供達を通して、私の押さえていた部分を思い出すよう、天からの配慮がされているようです。それを私は、私の母と同じように抑え込もうとしていました。
(危ない、危ない…)
どうりで、抑えても抑えても抑えきれないはずです。(^_^;)

薄々気がついてはいましたが、先日のWSで再認識する事が出来ました。
ありがとうございました。

ご一緒して下さった皆様にも感謝します。
(H.N さま 女性)


ワークショップでは素直だった頃の自分を 思い出すきっかけになりました。
「楽しいことは楽しい」を再認識することが出来ました。

理屈ではないんですよね。
また、自分の「弱肉強食」への変換点を見つめることが出来ました。

小学生の頃の出来事が未だに影響していることを気づきました。

「弱肉強食」→「等価交換」→「望めば全て手に入る」
に移行できる一年になればなと思います。

では、お二人に実り多き一年となることを
お祈りいたしております。

(M.O さま 男性)


インナーチャイルドとの対話をされたい方に…
潤治のオンラインスピリチュアルセッション 「QUIET TIME 」
日常の喧騒を離れ、自分自身との対話をしてみませんか?

関連記事

  1. 本来持っている「自分でいること」を貫く勇気や知恵 

  2. 上級レッスン☆感想(1)

  3. 彼にとって僕は「便利な男」だった…

  4. 質問力があなたの人生のコンパスになる

  5. 怖れからの調和ではなく、愛からの交わり アースエンジェル

  6. 車検で思う「人の性」。開閉はオートマチック?

  7. 生命とは?現代科学とスピリチュアル(3)

  8. 人生の目的(ライフパーパス)に向かうのは怖いこと?!怖ければGOサイン…

AQUA MIXTの無料メール配信サービス

過去記事一覧

人気メニュー

  1. サービス

    Access Consciousness®アクセ…
  2. サービス

    魂の羅針盤アイコン
    エンジェルワーカー「魂の羅針盤」コース
  3. 開催実績

    魔法の夫婦円満セッション(お試しコース追加)
  4. サービス

    Access Consciousness®Bod…
  5. サービス

    人生の目的を生きる ライフパーパス個人レッスン
  6. 開催実績

    Access Consciousness®︎Ab…
  7. サービス

    スピリチュアルコーチングアイコン
    継続的にあなたと伴走する スピリチュアル・コーチ…
  8. サービス

    スピリチュアル・カウンセリングアイコン
    第六感を使って多次元からアプローチ スピリチュア…

新着記事