シックスセンスを信頼してスピード結婚した夫婦

今日は、いい夫婦の日だそうです。

先月10月10日に、私たち夫婦は入籍から17年を迎えました。
結婚生活も、18年目に突入です。

夫婦のシックスセンス磨きサロンAQUA MIXTの成り立ちは、この2人の結婚の経緯にまで遡ります。

プロフィールには、
「天使に導かれ交際期間なく2002年に入籍した夫婦・水本潤治&寛子」
と書いています。

「交際期間なくって、どういうこと?!」

と驚かれることもしばしば。

数回顔を合わせただけの潤治と寛子でしたが、ある日直感だけで
「そうだ、結婚しよう!」(京都に行こう!のノリで)
となり。

じゃあ、最短の日程で入籍しましょうとなり、入籍の前々日より一緒に暮らし始めました。

多分、世界的にもかなりの速さのスピード婚であったことを自負しています。

付き合うという手順も、恋人期間を楽しむ、という必要性も全く感じず。

天使の導きは
「この人が、あなたのやろうとしている人生の目的を共に歩むパートナーですよ」
と囁いていたわけです。

親への唐突な結婚報告。
「私、結婚することにしたから」

健全なお付き合いをしている異性もずっといなかったじゃない?!一体相手は誰??と、両親をざわつかせましたし。
当然両親も知らない相手でしたし、私もほとんど潤治のことを知らないままでした。
冷静に考えると、怖ろしい決断でしたね・笑

それでも二人共迷いなく、ピンときたのが2002年9月末、お互いのスケジュールで最短でかつ日付も良いなと判断した10月10日に入籍してさっさと結婚生活を始めたのでした。

2人はソウルメイトとして出逢い、直感でそれが分かり、迷いなく結婚した。
なんてかっこよくも言えますけどね、最初から上手く行ったかといったらそうではなかったのです。
そうして2人の試行錯誤や切磋琢磨は、全てがAQUA MIXTの財産となっています。
その辺のお話は、以前のココリラでの連載も是非どうぞ!

そして特に魔法の夫婦円満セッションは、2人の違いからお互いを理解するという道のりから、自分たちで一つ一つ磨いてきた夫婦円満のスキルを体系化したもの。
その内容は血が通っているどころか…血のにじむ努力の結晶ですね。スポ根世代ならではのぶつかり合いの日々を、他の人たちには遠回りして欲しくないという思いからサービスとしました。

夫婦関係が良くなったという報告を頂く度に、嬉しくなります。
日本はまだまだ、夫婦のパートナーシップという面ではレディファーストの国欧米と比べると、遅れをとっていると感じる事も多いです。
夫婦・パートナーとの関係を通して、それぞれが成長しやすい土壌が少しでも作っていけたら嬉しいです。

関連記事

  1. 交際期間なく入籍した二人を支えてきた言葉

  2. ライフワーク一歩手前の物語「バスに乗り遅れるな理論」

  3. 喧嘩上手になるためには~男性エネルギーと女性エネルギー〜パートナーと紡…

  4. 夫婦円満には何が必要なのか?

  5. パートナーシップのために…(9)「○○○でいることがパートナーへの最高…

  6. ライフワーク一歩前の物語「あなたにとってライフワーク」

  7. 良いジャッジメントをもらうため、僕たちは躍らされてきたのか

  8. パートナーシップのために…『イントロダクション』

過去記事一覧