感謝の心は自尊心を拡大させる

こんにちは、潤治です雨IMG_0658.JPG
しとしとと雨が降る多摩市聖ヶ丘です…。
そんな雨の中を歩いていると、近所の高齢者住宅の建設作業が行われていることに気づきます。雨に降られながら作業をしている人たちを見て、有り難いなと思います。
そして、スーパーマーケットに着くと、お店の中では、商品補充をしている店員・パートの人たちが目に入ります。今月に閉店予定のお店なのだから、少しは手を抜けば良いのに、一生懸命に陳列している姿を見て、また、有り難いなと思います。
商品を選んでいると、その青果物がここに陳列されるまでの多くの人たちの思いや働きを感じます…。そして、また、有り難いなと思うわけです。


僕がこの場で感謝していると、青果物を育てた農家の方は知らないでしょう。
配送した人、段ボールに詰めた人、入荷作業をした人、値段を付けた人…、
みんな、僕がこうして感謝していることを感じているでしょうか。
こうして、生活のあらゆるものに人々の思いや働きを感じます。
その人たちがいなかったら、僕の生活はなり立たないわけです。
着ている洋服、靴、傘…
それを作っている人たちがいて、
運ぶ人たちがいて、
それが売っていると知らせてくれる人がいて、
売ってくれる人がいる。

有り難いことだらけの日常に、意識を向けていると
感謝が心に染みいっていくのが分かります。
自分以外の人たちに感謝しているのですが、自分の心が満たされていきます。
それは自尊心が満たされていくような気持ちです。
僕自身が、こうして生活していくのに、
たくさんの人たちの思いや働きに支えられているように、
僕が生きていることによって、何かを創り出すことによって、
知らない場所で、知らない人に感謝されている ということに気づきます。
そんなことを思いながら、守護天使からのメッセージを感じてみると…

誰かのために祈るとどうして涙が出るかわかりますか。
それはその時、どこかあなたの知らないところで
あなたの為に祈っている人がいるからです。
あなたのことをあなたの知らないところでサポートしています。
あなたの生活を支えるものすべて、あなた以外の人々によって支えられています。
何気なく使う割り箸や、皿にもそれを作る過程でいろんな人の思いがあります。
その思いに支えられて、あなたは生きることができるのです。
あなたはあなた以外のすべてのものに生かされているのです。
そのことに感謝をすればするほど、
あなたという人の尊さをあなたが感じることができるでしょう。

感謝の心は、自尊心を拡大させ、さらに感謝の心を生み出します。
何気ない日常に感謝する視点を持つだけで、幸せな自分自身を感じられます。

感謝の心が高まれば高まるほど、それに正比例して幸福感が高まっていく
         
松下幸之助(日本の実業家)

関連記事

  1. 潤治のひとりごと

  2. 天使からの伝言~もうひとつの便り~Vol.2

  3. 今年はどんな年?心の声を羅針盤に

  4. 過去生が失ったピースを埋めていく アースエンジェル

  5. 日常のとあるシーンのアサーティブネス(4)事実の共有

  6. 痛がり屋さんのカマスが海へ

  7. “役割”で苦しまなくていい

  8. 願望を明確にする「望めば与えられる世界」

過去記事一覧