その価値観は許されている

おはようございます、吉高由里子さん主演映画「婚前特急」を観て、セルフイメージの大切さと、本音でぶつかる大切さを感じ入っていた潤治です。FA033.jpg
パートナーと共に歩んでいると、察してくれる・解ってくれているはず…という甘えが生じてくる場合があります。
本音を言えば、価値観の摩擦で相手と衝突することや、自分自身の世界が否定されることへの怖れがそうさせている…と感じることがよくあります。
先日のブログ記事「価値観の正当性を振りかざす」の続きです。
パートナーシップにおいて、(人間関係において、)
お互い、異なる環境の中で育ってきたのだから、
受け継いできた価値観が違うのは当然のことです。
この違いにどう取り組んでいくか?
これがパートナーシップを、
妥協点の集合にするか、相乗効果の宝箱にするか、衝突のもとにするか…
が決まってくるように思います。


妥協点の集合ならば、お互いの違いは容認されるだけにとどまり、
違いがお互いを傷つけたり、衝突のもとになるならば、
違いを遠ざけたいと思ってしまうだろうし、遠ざけたままにしておきたいでしょう。
違いを歓迎するような姿勢は、その違いが相乗効果を生み、
そのパートナーシップはさらに可能性を見せてくれるかもしれません。
…とそれらしいことを書きましたが、
実際は、試行錯誤で疲弊することもしばしばです。
受け継いできた価値観は、お互いの人生の中で正当化されます。
前回の記事のように…
絶対に間違っていない
自分のほうが正しい
世間の価値観に照らし合わせても何ひとつ、間違っていない

と強く思うこともあります。
価値観の違いが摩擦や衝突のもとになっているならば、
“違い” がもたらす本当の意味を受け取っていないと感じています。
痛みを感じるならば、それは真実ではない…ような。
自分が正しいという思いが、お互いの関係を苦しくさせていく…、悲しいことです。
お互いがそれを望んでいるわけではないのに、傷つけ合うなんて悲しすぎます。

あるひとつの価値観が、絶対的に正しいと思うことで、
ふたりが不幸せになるなら、
その価値観はふたりにとって間違っているのかもしれない
これは人間関係でも言えると思います。
目の前の人と損得や有利不利などの怖れでつながりたいわけではなく、
相手と “愛” からつながろうと思っているなら、お互いの価値観の違いを受け入れ、
目の前の人との間に、新しい価値観を構築させる必要があります。
自分が正しいという思いが、お互いの関係を苦しくさせているなら、
ふたりが幸せになることを最優先にして、本当の道を探す機会です。
お互いが価値観の違いを受け入れる大変さを思えば、
あるひとつの正解が欲しくなります。

これって、こういうもんじゃない?
これ、常識でしょ?
いやいや、多くの人が僕の価値観に賛同すると思うよ!

世間一般の常識やメディアやマスコミが与えてくれる価値観を隠れ蓑にして、
新しい価値観を創り出す作業を怠ると、
その先延ばししたツケは、近い将来、利息を伴って払う羽目になるかもしれません。
なぜ、自分の受け継いだ価値観が正しいと思ってしまうのか?
僕たち夫婦の価値観の違いからくる衝突が激減した考え方、感じ方は、
“その価値観は、『許されている』”
 というものです。
ただ、許されているに過ぎず、それを振りかざして、
相手を攻撃することも否定することもできない…。

お互いが許されている価値観を見つめ合い、
新しくふたりが幸せになる価値観を創り上げてくことが、心や魂の成長を促します。
価値観の違いを歓迎できるのは、
新しい世界や可能性を見ることができるから。

お互いにそれを照らし合わせ、
その価値観が出来上がったストーリーを理解し合い、癒しあうことで、
関係は常に新しく、つながりは強くなります。
それぞれ、人が持っている価値観は、
その人がどんな人生を歩んできたかの歴史でもあります。
目の前の人の歴史に興味はありませんか?
そして、自分の歴史を伝えたくなりませんか?

言い合いでもなく、言い争いでもなく、
一緒に映画でも観るように、
誰もが理解し合えるという価値観。

僕は持ってみたいと思います。

日常の出来事での感情の揺れ動きから、
人生における大切なエッセンスを感じる感覚を磨く
マンツーマンレッスン
b12splife.jpg

関連記事

  1. SLOW LIFE、SLOW LOVE…(2)

  2. これ以上、君を傷つけることはできない…僕はLonely Butterf…

  3. 安定は不安定?不安定は安定?我が家の法則 

  4. ひとりのほうが楽なのに、なぜふたり?

  5. 心にざわつきを覚えるなら…成長チャンス!

  6. 変わっていくあなたの姿、どんな形よりも愛しい?

  7. くれない族・のに族がパートナーシップを脅かす

  8. パートナーシップは時に農業を思わせる…

コメント

  • コメント (2)

  • トラックバックは利用できません。

    • 潤治
    • 2012年 2月 10日

    繭さま
    コメントありがとうございます。
    パートナーシップの大切なところは、
    お互いが自分のことを見つめられるところだと思っています。
    そのうえで応援しあえたり、助け合ったりできると素敵ですもの。
    結婚すると、距離が置けないし、ごった煮な感じで、
    その中で自分を保つのが難しいこともありました。僕の場合。
    価値観の違いを愛から見つめ合えるパートナーシップを目指してみてくださいねッ。
    応援しています。

    • mayu
    • 2012年 2月 09日

    こんばんは。
    いつもありがとうございます。
    12月からずっと価値観の違い・パートナーシップについて考えていたためか、ここしばらく自分に集中しようと遠ざけていました。
    仕事では充実感を感じて過ごしています。
    相手との価値観の違いを歓迎できず、同じ価値観の人を引き寄せようとアファメーションしたりしていました。恐れからでなく、愛から行動できる人になりたいです。今日のオラクルカードは、「許す」でした。

AQUA MIXTの無料メール配信サービス

新着記事

  1. スピリチュアルマッサージアイコン

過去記事一覧