もがいていたっていいじゃない

こんにちは、パートナーシップの学びはささいな日常にある…痛感している潤治です。
IMG_0593.JPG
ピンチが訪れても、それを学びにするか、ただの疎ましい出来事とするかは自分次第…。
立派な言葉ですが、実践できない場合もあります。
それでも、パートナーシップを紡ごうとする気力や意志はどこから来るのでしょうか?
結婚や恋愛はとても素敵な体験です。
ドキドキ、ワクワク…、まるで冒険が始まるような。
人を愛することは、自分の弱さと向き合うことかもしれません。
だからこそ、人は強く、優しくなれるのだと思います。
正解のない世界で、もがいている自分がいるとしたら、いっそう人間的に成長する機会です。
さて、期間限定だったレッスンのひとつに、潤治の恋愛処方箋☆セキララレッスンがありました。
以前、募集した際、多くの方に応募していただきました。(多謝)

愛というものが、いかに人それぞれの形になっているか…
その形の違いからふたりはうまくいったり、別れてしまうことになったり…
形が違うことすら気づかずに苦しんだり…

その違いに気づき、学び、成長していくことで恋愛や結婚は祝福を与えてくれます。
近日中に恋愛処方箋☆セキララレッスン募集をさせいただきます。
御一緒することができれば幸いです。

関連記事

  1. 抑え続けて来た感情があるとしたら…

  2. シンクロの法則(1)~奇跡のシンフォニー~

  3. 家族の調和の鍵は自分が澄みきっているかどうか

  4. 健康へのアプローチはさまざま 大天使ラファエル

  5. 人生に起こったドラマは素敵な贈り物

  6. ミディアムシップ・マッサージ

  7. 手放して身軽に~森が教えてくれること

  8. 変化をもたらすためにやって来た世代 インディゴチルドレン

過去記事一覧