言外に隠された本当の気持ちに気づく

こんにちは、心理学的な見方を日々実践するスピリチュアルカウンセラーの潤治です。
IMG_1342
心理テストのひとつにエゴグラムというものがあります。
交流分析において自己分析の手法のひとつです。
人には5つの心があり
(自我状態:支配的な親・養育的な親・大人・自由な子供・適応した子供)
それらが、どのように表出するかを見ていくテストです。
→詳しくは「交流分析×言外を読む力 レッスン」
その状態を自分自身が把握していることで、
人間関係や男女関係、仕事において、どういう交流をとりがちなのかが解り、
コミュニケーションパターンを自ら変えていくことができます。
自分が変われば、世界も変わるというのが交流分析の考え方です。
自己分析をして、自分の交流パターン(先祖代々のパターンかも?)を知り、そして…
「主体的に行動する」 ことです。

対応者ではなく主体的に…。
恋愛はもちろん、今の仕事、管理業務にも当てはまります。
自分がどうしたいか、どうありたいかを
決めて動くこと…。
 
(T.M さま 男性)

運命には逆らえないと自分を過小評価するか、
運命は変えられると自分にパワーを見るか、

レッスンを通じて、新しい選択をしていければと思います。

次回の
心理カウンセラー潤治
「言外を読む力×交流分析」レッスン
7月15日(日)
13時半~17時
聖ヶ丘

自分自身のコミュニケーションパターンを知り、
相手に言外を読むことができれば、
人間関係はさらに豊かさを見せてくれることでしょう。
言外に隠された相手の心を感じられたら…。
世界は一変するかもしれません。

関連記事

  1. 1年の太陽のサイクルが陰の極大に向かう時~スピリチュアル界の「影」を語…

  2. メールリーディング☆感想(10)

  3. 自分への信頼、自己受容… スピマフォローレッスン感想

  4. 天使の性別って?男性エネルギーと女性エネルギー

  5. 「魂を迎え入れる準備【潤治編】“欲しがり屋さんだった僕”

  6. あなたの閃きに導きがある

  7. パワフルな那須野菜を食べ続けています

  8. 恋愛がもたらすプレゼントは開けてみなけりゃ解らない

過去記事一覧