才能は授かったものではなく、預かったもの

いつもお読みいただき、本当にありがとうございます。
一人で過ごす時間
AQUA MIXT 潤治です。
自分の使命は何だろうか?という問いは多くいただきます。
自分の才能は何だろうか?という問いも同じように聞こえます。
AQUA MIXTの今までの道程には、いろいろな人との出逢いがありました。
その出逢いによって、僕たち夫婦が自分たちでも気づかなかった「提供するもの」が増えていきました。
スピリチュアリティ、シックスセンスに関すること
菜食料理を伝えること
誘導瞑想や催眠療法、マッサージやレイキ
健康のご相談を受けること
パートナーシップについての気づき
恋愛に関するご相談
起業やお金に関するもの
マタニティや子育てに関すること
さまざまな僕たちの経験や感覚が出逢いによって引き出されていきました。
出逢いなくして、今のAQUA MIXTはありません。
人生は出逢いによって変わる、と言いますが、
何が変わるのでしょうか?

身近なところでは、寛子との出逢いで僕の人生は大きく変わりました。
自分でも気づかなかった受容する力や調整能力、スピリチュアリティなどに気づくことになりました。
それらを用いて、新しい人生を創造していくわけですが、
それらの才能(?)は寛子との人生に大きく貢献してくれています。
出逢いによって大きく人生が変わったのことを振り返ると感じることがしばしばあります。
ある人の恋愛に関する葛藤が僕の恋愛体験の気づきを思い出させてくれたり、
あ る人の人にマッサージをしてあげたいという思いやりが僕にマッサージを教えるという機会を与えてくれたり、ある人の菜食になると天使の声が聞き取りやすく なるというひらめきが僕に菜食料理への興味を起こさせたり、僕たち夫婦のことを大好きだと言ってくれる人たちのおかげでパートナーシップに関するレッス ン、ワークショップ、講演や執筆をすることになったり…
多くの出逢いが、僕たちの天命を思い出させてくれています。
つまり、才能や天命は出逢いによって導かれます。
それは授かっているものというよりは、皆さんから預かってきたものという感覚です。
ですから、自分が何に向いているのか?と思い悩むことはあまり意味がないと感じます。
自分が何に向いているのか?を探し出すと迷路にハマるような気がします。
預かっている才能に出合うためには、それを預けた人たちに出逢う必要があるからです。
自分の才能を探すことよりも、自分の興味の赴くままに生きる、人に興味を持って接する、楽しいことなら意味の有る無しに関わらず踏み込んでみる・続ける…などの効率無視の姿勢が結果的にその才能に気づく近道のように思います。
その才能を感じたら、今度はそれらを与えようとするものではなく、
預かったものをお返しするような感覚で使っていくことです。

それがまた才能に気づく新しい出逢いを引き寄せる法則なのかもしれないと日々感じます。

関連記事

  1. メッセージは光のように降り注ぐ

  2. 恋は遠い日の花火ではない 恋愛過去生リーディング

  3. 桜ヶ丘公園~ゆうひの丘~

  4. 台湾の旅~士林夜市B級グルメ~

  5. 何になるか…よりも。 もともとの動機を大切にする…

  6. 袖振り合うも多生の縁~上級レッスン~

  7. 人生いろいろ、愛し方いろいろ“その2”

  8. 星に願いを…、家事に祈りを…(2)

過去記事一覧