「ママ、ありがとっ!」良い母親から自分らしく生きる人生へ

アラフォー出産は子育てにも理想が高すぎた?
AQUA MIXTの水本寛子です。

娘のこのはが、7月上旬頃から急に「イヤイヤ」言うことが減りました。

5月に満2歳になる少し前から、何を言っても返事はまず「イヤ」でした。
何か月も、何をするにも「イヤ」と言われて、日々それはボディブローのように私の心身に堪えたものです。
すべての写真-1532
一時はとても激しく「イヤイヤ」言っていた娘が、基本的には何かいうと良い返事で「ハイ!」と言うようになりました。

そして自分の意見を伝えたいことに関しては強く「イヤ」とも言いますが、何でもかんでも「イヤ」ではなくなったのです。

連日外部講座の受講や、午前午後夕方とご予約が入っていたりとスケジュール的にも忙しい最近の私。

ちょうどアクセス・バーズのファシリテーターになるために、再受講が続いたりと、家を空けることが増えていました。

ある日(7月15日)、この日も午前・午後とセッションのご予約がありました。
その後やっと仕事や事務的なことが一段落し、娘とベランダで夕涼みをしていたときのこと。

「ママ、ありがとっ。 お勉強してくれて、ありがとっ!」

そしてキスをしてくれました。

泣きそうになりました・・・

私が「アクセス・コンシャスネス(R)」という新しい勉強をしに行って、その間は娘と一緒に居られない。

でも、私がその学びを持ち帰り日常に活かすことで、子供や家族に対する接し方も大きく変化しました。

5月から6月上旬は、自分でも末期的な状態だと思っていました。
あのとてつもない、育児の疲労感やイライラがなくなったのです。

それをちゃんと、分かってくれているのですね。

それと同時に、娘の激しい「イヤ!」が無くなりました。

「ハイ!」と良いお返事をしたり、すぐに「ごめんね」と言ってくれることが増えました。

6月にアクセス・バーズ・プラクティショナー、7月にバーズ・ファシリテーターになり、急激なスピードで新しい試みが軌道に乗り、変化しています。

そして昨日まで、8月1-2日はアクセス・バーズの上級クラス、
日本での開催初の「ファンデーション」の講座を受けていました。

またまた連日2日間、家を空けたのです。

1日目の受講が終わった土曜日の夜、家に帰ると存分に甘えてくる娘が、言いました。

「このはのために、お勉強してるの?」
「お勉強してくれて、ありがとっ!」

ムギュ、と強くハグしてくれました。
20150603-115037-14
アクセス・コンシャスネス(R)のファンデーションは、バーズ講座で紹介されるパワフルなアクセスツールを、さらに掘り下げて詳しく紹介する内容です。

ファンデーションを受けて感じたのは、
「まず自分が自分でいるために、そして家族との穏やかな日々のために日常で活用していこう」
でした。
その上で、個人セッションや講座で紹介出来るだろうな、というものでした。

2日目を修了して帰宅しても、やはり娘は「ママ、ありがとっ!」と嬉しそうで、とても落ち着いていました。

母親が自分らしく生きることは、子供にとって好影響だと言います。

産後2年の間に、私は「母親」という役割にどんどん閉じ込められていきました。
良い母親、理想の母親になろうと、努めていました。
自分の完璧主義に、苦しむことも多々ありました。
そして途方もない疲労感、無力感。

そして、それは娘にとってもイヤイヤだったのでしょうね。

その役割を脱いで自分らしく生きることを思い出す過程で、娘も良く分かってくれています。

「このはのために、勉強してきたの?」

そうなのです。
私が私らしくいるということが、娘のためだったのですね。

AQUA MIXTの視点からのアクセス・バーズ1日講座も続々と開催が決まっています。
9月は沖縄・宮古島に行きますよ♪

Accesstop.jpg

関連記事

  1. 眠っている間に脳の断捨離☆アクセス・バーズ(R)

  2. 主人公はあなた自身☆禅問答も問いかけの魔法!

  3. 許す娘と内なる暴力性に卒倒寸前パパ

  4. アクセス・ボディ・プロセスであらゆる身体の症状に働きかける

  5. この体の痛みは誰のもの?震災・地球からのメッセージ

  6. 「お金になる方法ワークブック」ってどんなもの?

  7. 私たちには強力な呪いがかかっている~セックス&リレーションシップ

  8. そして、父になれる?―シンプルな法則―

AQUA MIXTの無料メール配信サービス

新着記事

過去記事一覧