惑星の月が始まりました

おはようございます晴れ 寛子です。
この週末は、お花見日和でしょうか。
今朝も桜ケ丘公園を散歩しながら、さまざまな鳥たちのさえずりの中癒されながら、桜の様子を見てきました。
多摩丘陵は都心部より若干気温が低く、まだ桜は5分咲きにも満たない様子です。
古代マヤ暦を基にした、ホゼ・アグエイアス博士の「13の月の暦(コズミック・ダイヤリー)」では、惑星の月が始まります。
私たちの住むかけがえのない青い惑星・地球。
水の神秘が織りなす、生命圏の中で、私たちの役割はなんでしょうか。
そんな意識を持った28日を過ごそうと思っています。
昨日は某大手メーカーの研究職が多数を占める新入社員向け、ビジネスシミュレーションゲームを使った体験型研修を講師として担当しました。
ゲームの振り返りではチーム内の課題だけではなく、チーム間Win-Winの関係の大切さを、ビジネスの具体例を使って紹介してます。しかし今回はさらに、惑星意識、地球全体が平和になる意識についてまで語っていました。
受講生もみんな、目をキラキラぴかぴか(新しい)させて聞いてて質問も積極的だったことが印象的でした。
ビジネススキルにとどまらず、地球人としての意識の変容が求められている時代だと実感しました。
13の月の暦の考え方に触れて、私の企業研修のやり方もさらに変化してきたようです。
今までも天使の協力の元、場作りをしたり受講生にエンジェルリーディングをしたりしていましたが、またマクロな視点を持つことで組織の在り方が変わってくるのですね。
本日は
惑星の月1日 KIN 151 青い銀河の猿
 
完全性 調和させる かたどる
integrity harmonize model
 
幻想 魔術 遊ぶ
illusion magic plays

コズミックダイアリーより
惑星の月
 
どのように完成させるのか?
「表明」(マニフェスタシオン)から、「創造」(プロデュース)へ

「始めに言葉ありき。」

太陽の脈動を感じ、それを地上の言葉として表明すれば、

その宇宙の目的にそった「思い」は実現する。

心の世界を地球上に生み出すために、銀河の中心の目的。

最初にその「思い」があり、その地球でのビジョンをはっきり見つめ、
言葉にして表明すること。

それがプロデュース「創造」の第一歩。

表明すること。

その「表明」が宇宙の摂理にかなっている時、その「表明」が完全なものとなり、
宇宙の創造として生み出される。

「マニフェスタシオン」は、現われ、顕現でもある。

 
惑星の月の28日間に、身につけて欲しいのは、
この地上に宇宙の目的を成就することによって、
地球という惑星で、生きる意味を見いだすこと。

その方法として、太陽の意思を感じ、

「表明(マニフェスタシオン)から、創造へ」という
宇宙の法則を知ってほしい。

How do I perfect what I do?

関連記事

  1. 共有することで見えてくる才能や資質

  2. 愛と怖れとネットワークビジネス

  3. 11月17日4:14★さそり座の新月●

  4. 「食」が放射能から私たちを守る~ローフード編(4)代謝酵素とは?

  5. 積極的に人生を変えていくために「天使の声を聴く方法」

  6. 機能不全のレッテルか進化している魂か

  7. 過去生を観じ、現世を生きる

  8. 人生のすべてを MIDAS TOUCH に変える

過去記事一覧