片想いと自己否定

こんばんは、潤治です満月PA040243.jpg
昨夜よりも少し遅れて、月が出てきました…。
十六夜の月を観ています。
夜が長い冬は夏よりも長い期間、月の出を楽しめそうです。
夏は太陽の季節…、冬は月の季節…、なんて思ったりしています。
さて、今回は片想いのお話です。
片想いがもたらす恩恵を感じていきます。
あなたは片想いをしたことはありますか?

僕が小学校4年生の時、同級生にとても足の速い女の子がいました。
男子と競い合っても負けないくらいで、あまり足の早くなかった僕は彼女に憧れました。
その走る姿はカッコよくって、運動会のリレーで男子をグイグイと抜いていく姿に魅力を感じました。
今、大人になって思うと神々しいという感じです。

学校の廊下ですれ違う時、給食当番が一緒になる時、授業で大きな声で発言する
時、クラスの班が同じになる時、チラッと目が合う時…

いろんなシーンでドキドキしました。
その子が登校してくるのをいつも楽しみにしていました。

人を好きになるってこんな感じなんだぁ…と思ったのでした。
しかし、それと同時に襲ってくる感情に驚きました。

僕は君のように速く走れない…
僕は君のように授業中、大きな声で発言できない…
僕は君のように心の底から楽しそうな笑顔ができない…
僕は君のようにリレーのアンカーにはなれない…

僕は君のように…、僕は…。

彼女の魅力を感じるとともに、
いつの間にか自分と彼女を比較して
できない自分を…、自分の卑しさ、カッコ悪さ、情けなさ…を感じるのです。

彼女を通して、自分という人間を観させられるのです。
はじめての片想いでした。

その後も片想いを経験します。
その都度、小学生の頃よりも巧妙に“できない自分”を見つけ出します。

彼女に僕はそぐわない…

そんなレッテルを自分自身に貼り付けます。
そのレッテルを傷つく自分に貼り付けることで、
本当に傷つくことから逃避するのです。

そぐわない自分なんだから、告白しても傷つくに決まっている…。
そうして、自分を守り、勇気を出すことからも逃げ出します。

しかし…、少し視点を変えると
こんな痛みを感じることができるのは…
僕たち人間が分断されているおかげです。
違う人間でなければ、その人と出逢わなかったかもしれません。

分断されている痛みを感じられることで…
そして、それを見つめ続けることで、人は成長していくのだと感じます。

相手を通して、自分が何者なのか…、どんな人間でありたいか…を知ります。

分断されている痛みと向き合い、
理解しあうところにパートナーシップの素晴らしさがあります。
逃げ出すことをやめたとき、
パートナーの寛子と出会いました。
パートナーに向き合うことで、自分の痛みを見つめて癒すことができたのでした。
(潤治 成熟の過程 記事「パートナーシップのために…」
それは夫婦だけではなく、仕事仲間、恋人、友人…にも当てはまります。

人を好きになることで、もたらされる恩恵を感じます。
片想いって素敵です…。

「It's Okay to Be Different~贈り物を感じる~」の詩を読む
http://aqua-mixt.seesaa.net/article/130717122.html

関連記事

  1. 変化をもたらすためにやって来た世代 インディゴチルドレン

  2. 身体からのメッセージ 中級レッスン感想

  3. トイレットペーパの芯を替えない君にハートブレーク…。

  4. 満月のデトックスランチ☆レッスン御礼

  5. ええ格好しい症候群リスト2「YES と(他人に)言わせたい自分」

  6. 銀河の署名☆高次元に意識を開花させる

  7. ワクワクシリーズ(4)ワクワクが人生を導く

  8. 口惜しい・悲しい・憤り、ステキやん!

過去記事一覧