つわりピーク時の産婦人科通院(2)☆妊娠3ヶ月目(8~11週)

ネコヤナギと遊び心もうすぐ妊娠8ヶ月入り、
日に日にお腹が大きくなっています目
AQUA MIXTの寛子ですかわいい
私の妊娠3ヶ月目(8~11週) 2012年9月23日~10月20日のお話、
[つわりピーク時の産婦人科通院(1)☆妊娠3ヶ月目(8~11週)]
[ハイリスク出産への不安☆妊娠3ヶ月目(8~11週)]
の続きです。
妊娠10週に入る頃、まだまだつわりのつらい時期でしたが体調の悪さからもメッセージを受け取っていました。
妊娠に気がつくまで、かなり無茶でハードなスケジュールでした。
これからは、心身に気をつけてゆったりしたペースで過ごす事。
南関東チーム 横浜ライブのポスター実は、11月にもサムライローズの横浜ライブを控えていて出演する予定でした。
新メンバーを支えるべく、出演する予定の曲数もかなり多かったのですが…
体調の不安定さから練習も満足に出来ず、考えた末に出演を辞退することにしました。
毎日船酔いのような気持ち悪さに加え、食事量も減り。
電車での移動も一苦労でした。
すぐ目標に向かって突っ走ってしまう私へ、身体から・赤ちゃんからの声に心を傾けるための時期として、「つわり」は強力なストップサイン位置情報だったのでしょうね。
このメッセージに、素直に従いました。
前回8週目の通院から2週間後、ハイリスク出産の不安を乗り越え、ライブ出演を辞退し、10週目の健診です。



10月9日(火) 午前中 府中の森 土屋産婦人科
 妊娠10週・3ヶ月目なかば  芽から胎児へ

土屋産婦人科への通院も3回目となると、だいぶ慣れてきました。
潤治の運転で、車で到着。
「つわり」が辛い時期は電車バスに乗るのもしんどいことだったので、車で気軽に来れるのはとても助かりました。
受付から診察室に呼ばれるまでいつも1時間~1時間半程度でしたが、他の病院と違って疲労が蓄積することもありませんでした。
不妊症外来で通っていた病院施設の綺麗さなどはさほど変わらないと思うのだけれど、この差はやはり院内の人々の想いの違いでしょうか。
理念って大切だなと、改めて感じながら待合室で待っていました。

診察
室に呼ばれ、今回も潤治と一緒に入ります。
写真
まず超音波(エコー)検査では、前回そらまめ大だった赤ちゃん(胎芽)が、イチゴ大(37.9mm)グッド(上向き矢印)
写真はイメージです。
参考サイト:妊娠10週[妊娠3ヶ月] 超音波写真でわかる赤ちゃんの様子-gooベビー
まだ頭でっかちですが、手足や顔かたちなど人間らしい姿になり、芽(たいが)から胎児と呼ばれるようになるのがこの時です。
やっと、人間になったのね…わーい(嬉しい顔)
そして小さな身体を動かして元気に動いているのです。

それも…2週間前の診察で、嬉しくてはしゃいでいた潤治の動きにそっくり
exclamation×2
この子も嬉しくて、真似をして応えてくれているのかなexclamation&question
全身をパタパタ・ピョコピョコとさせ、またクルリンと向きを変えたりしていて、なかなか静止画でうまいショットが撮れずダッシュ(走り出すさま)
エコー写真なんぞはどうでもいいほど、感動的な元気さでした黒ハート

そしてもう一つ。
前回までは赤ちゃんの心拍光の点滅で確認していました。
それが10週以降は、超音波ドップラー心拍を音として聞くことが出来るのです。

ー(長音記号1)ドクンドクンドクン…揺れるハート

胎児の心拍数は大人の2倍以上の早さ。(1分間に160以上)
その音はリズミカルに、力強く打っていました。
思わず2人で「おお~~わーい(嬉しい顔)」と感動ひらめき
前回の診察からハイリスク出産の不安に揺れていたこともあったけど、そんな不安を吹き飛ばしてくれる元気な発育を見せてくれたのです。
そしてここでやっと…
看護師さんから
「おめでとうございまするんるん
と言われたのです。
病院側からすると、10週目まで胎児の発育が順調であれば、初期のリスクもかなり可能性が低いということのようです。
いよいよ次回4週間後の通院から、母子手帳を持参しての妊婦健診に入ります。
シックスセンスが見せてくれるものこの後は、不安な点などは詳しく助産師外来の方へと指示されました。
助産師さんからも同じく
「おめでとうございまするんるん
と言われました。
助産師外来は、「不安な事があれば何でもお答えします」という時間だったようです。
しかし、不安は天使のお陰でスッキリしていたし。(前回の記事参照
何より、お腹の赤ちゃんが元気な姿を見せてくれたのが1番の安心でした。
まだ「つわり」も続いているので、食事も食べられるものを食べればいいということで。
私たち夫婦が不安なくニコニコしていたので、特に妊娠生活の詳しいアドバイスもなく終わりました。
「つわり」は妊娠4ヶ月目前半(10月下旬)頃から徐々に軽くなっていきますが、外に意識を向けることが出来ないこの時期、自分の内側との対話がとても大切な時期でした。
そして、不安よりも安心・赤ちゃんへの信頼を育てる期間でもありました。
(次回に続く)

関連記事

  1. 天からやってくる命(1)~あなたはスピリチュアルな存在に護られている

  2. お産はスリリング!(7)予定日まで☆妊娠10ヶ月(39週)

  3. お産はスリリング!(11)前駆陣痛から進まない・・・☆出産体験談

  4. 天使の計らい~妊娠中の仕事☆妊娠4ヶ月(12~15週)

  5. 助産院健診・お産は1人でするものではない☆妊娠6ヶ月(20週)

  6. スピリチュアル夫婦の赤ちゃんの名づけ☆陰陽五行説

  7. 忘れた頃にやってきた命☆妊娠2ヶ月目(5週)妊娠陽性反応

  8. 産後リウマチの痛みが消えた?!アクセス・バーズ

過去記事一覧