引き出されるあなたの本質が人生のコンパス

いつもお読みいただき、本当にありがとうございます。
WallpapersHD-474
AQUA MIXT 潤治です。
寛子とふたりで担当するレッスン「プロフェッショナル養成コース」が人気です。
とてもありがたいことです。
このコースでお伝えしたいことのひとつに自分を頼るということがあります。
何かに依存するのではなく、自分の人生を自分を信頼して歩んでいくということでしょうか。
その世界には自由があると感じます。
人生において何か問題が起こったら、
それを両親、兄弟姉妹、配偶者、会社、世間、情報などに
依存することのほうが楽かもしれません。(責任転嫁したい自分もいますが…w)
それを助長するような価値観も世の中には多いような気がします。
消費が生まれるから…でしょうか。(企業は儲かる)
それでは心の安定を何かに依存しているわけで、
地盤の緩い場所にビルを建てるようなものです。
地盤固め、見直しにこのコースはとてもおすすめです。

具体的な仕事は動機を育てるツール。
そのツールはなんだろうなんだろうと思い悩むより、
キレイを形にする、と日々の生活に心に留めて置く。

(中略)
キレイを形にすると日常心に留めてから、
辞めたくて仕方なかった会社に新鮮な風が吹いています。

(中略)
過去世からのメッセージはとても腑に落ちました。
(H.Aさま女性)

いろいろな知識は本を読んだり、情報から得ることができますが、
人生への期待感やワクワク感は、その人にしか引き出すことはできません。
まさにその引き出されるものがとても大切で、教えることもできません。
このコースでは、その人自身から引き出されるものを扱っていきます。
そのためには過去生を見ることやマヤの神聖暦「ツォルキン」を使って
生まれたエネルギーを感じたり、アースエンジェルタイプから魂の成り立ちなども見ていきます。
家族からの影響などによる生き方の原型なども自分を知るために重要です。
遠回りに見える道こそ、近道であると感じます。

プロフェッショナル養成講座、本当に楽しい時間でした。
ありがとうございました。

潤治さんはとても話しやすくて、

いっぱいおしゃべりしている自分がいました。
又潤治さんの話しに引き込まれる自分がいました。

潤治さんの新しい切り口で説明されると、
あ~、
そういうことだったのか、とよく腑に落ちていました。
具体的な仕事は動機を育てるツール。
そのツールはなんだろうなんだろうと思い悩むより、
キレイを形にする、と日々の生活に心に留めて置く。
キレイを形にするための仕事(ツール)はやってみないと分からないので、
興味があるものは、
いろいろやってみる。
実践して行きます。

やはり時間 (お金になるまでどの位の時間がかかるのだろう、など)
は気になるところなのですが、

刺繍など没頭している時間は短く感じるので、

世間一般の時間より自分が感じる時間を大切にしたいとおもいます


今書いていても、時間とお金の不安は出てきました。
また来月からでも、行動編をお願いしたいと思います。

潤治さん、寛子さん
本当にありがとうございました。

また行動編、よろしくお願いします。
【後日談】
私の感想をブログでシェアして下さるとのこと、

とても嬉しいです!
自分の思った事をネットで表すのは初めての経験なので、
とてもワクワクします。
感想がブログに載るのを楽しみにしています!ありがとうございます。

キレイを形にすると日常心に留めてから、

辞めたくて仕方なかった会社に新鮮な風が吹いています。

潤治さんにリーディングして頂いた、
口伝を雄弁に話し捕まり獄死した私の過去世。
その時の私をイメージの中で、光に戻しました。
潤治さんが伝えてくれた過去世からの私のメッセージ、
"
雄弁に語らなくてもよい"。
きっと、力を抜いて心から優しく語りかければ充分伝わる、
という事なのかな、と後で思いました。
過去世からのメッセージはとても腑に落ちました。

そして、昨日、ディスカッションの発表の番が回ってきました。
なんと肩の力をぬいて落ち着いて話している自分がいました。
これから自分を表現する事が楽しくなっていくと感じました。

潤治さん、どうもありがとうございます。

それでは、今日はこの辺で。
またお話しする事を楽しみにしています♪

(H.A さま 女性)

関連記事

  1. 秋のお散歩~桜ヶ丘公園~

  2. 優しい自己主張が鍵になる アースエンジェル

  3. 人生は冒険、魂の羅針盤を信頼しよう

  4. 北海道で鮭児を味わう…

  5. 一人より二人で勇気の相乗効果

  6. 想いのチカラの誤用をしてませんか?2011年

  7. コミュニケーションを通じて感じる

  8. 過去生の踏襲か、人生は選べるのか

過去記事一覧