日本人の脳に合わせたアファメーション☆言霊の力とは?

今日のテーマは、日本人特有の脳の仕組み。言語理解の部分。

心理学やコーチング、スピリチュアルな学び。過去20年以上続けてきて思うことは、欧米からの輸入が多いこと。

今は、より科学的に、脳科学を取り入れた「潜在意識の書き換え」から自己肯定感・セルフイメージを育む手法に力を入れています。
その中でも特に「言葉の使い方」はとても重要になってきます。

日本は「言霊信仰」がありますから、言葉の力を実感している方も多いかと思います。
言霊信仰が育まれた背景まで語り出すとキリがないので、今日は、欧米との言語の違いについて。

私が海外で学ぶ機会があると、必ず

「日本人はmaybe(多分)ばかり言う」

「日本人は、Yes、Noで訊かれても返事がちゃんと出来ない」

「日本人は直ぐ、これが会っているのか、正誤ばかり気にする。」

など指摘されます。

自己主張が苦手、Noと言えない日本人。

でもそれは、英語圏と言語も文化も違い、脳科学的な言語処理も違う部分がある。
そんな中で海外の手法をそのまま翻訳しても、日本人には合わない場面が多々あるのです。

一番顕著なのが、「アファメーション」=肯定的宣言

海外のアファメーションの手法をそのまま使うと、直訳したものを言葉にすればするほど・・・
逆効果、自己肯定感が下がるという…

逆アファメーション状態になる日本人は、とても多いのです。

アファメーションに苦手意識をもつ人も、多いですね。

数多くのご相談を受け、潜在意識の書き換えをしていく中で、その方の今の状態に合ったアファメーション作りがすっかり得意になっていました♪

自分に合ったアファメーション、日本人にあった言葉の魔法。

詰まりは、その言語的特性から、

・maybeを許容する

・強い言い切り肯定文にしない

という工夫も時には必要となります。

その辺のところ、また今後の各種SNS発信や新月期LINEトークで扱います。

人生の宝もの発掘チームや、エネルギーマスターセッションを受けられた方は、この日本人向けのアファメーションで、即日アファメーション効果を出す方も多くいらっしゃいます♪

私も、「○○かも」というゆるいアファメーションが今の時期とても効きます!

今後の企画など気になる方は、ぜひお声を聞かせてくださいね。

「風の時代」に必要なエッセンスを盛り込んだ企画も続々登場です。

関連記事

  1. セルフイメージを上げる自分軸ワーク☆人生の宝もの発掘チーム全体像

  2. セルフイメージを書き換えるエネルギーマスター☆父との関係(1)

  3. 人生の宝もの発掘チーム体験談☆佐々木紗香さん

過去記事一覧