子どもは知っている生まれてきた意味〜大人になるにつれ記憶喪失に?!

子どもを通して、スピリチュアルな氣づきが満載の日々。
魂の記憶を呼び起こすライフパーパス・コーチ 水本寛子です。

7歳になる娘の小葉(このは)は、2歳から言葉を話せるようになってから魂の記憶をいろいろ語ってくれます。

生まれてきた意味
パパとママを選んだ意味
天界での話(天使だった頃)
天界からパパとママを見ていたこと・・・

などなど。

明確な理由をもって家族を選ぶ子ども

昨晩は、
「このはは、パパを育てるために生まれてきたよ」
と教えてくれました。
確かに、潤治への氣遣いや氣づきのきっかけ作りが、秀逸なのです。
(写真:台所に張り出されている、潤治を励ますメッセージカード)

ちなみに、私のことも聞いてみると、言葉を選びながら・・・
「ママのやりたいことを、支えるため」
という返事が返ってきました。

いつもその言葉は純粋で、とても真っ直ぐです。
いつも魂の先輩だなと感じますし、

私や潤治にとって、とても大切な学びを教えてくれるスピリチュアルな先生でもあるのです。

しかし・・・
自分は、どうしてこの家族の元に生まれたのだろうか・・・と1度は考えたことはありませんか?
私は若かりし頃、たくさんたくさんありました。

けれども、私たちは忘れてしまっているだけで、
「自分の魂の成長のためにこの家族を選んで生まれてきている」
という視点になってみたらどうでしょうか。

この地球に生まれてきた意味も魂は覚えている

私の今年のテーマの一つに

「自分の生まれてきた意味を思い出す」

があります。

神様との約束、バースプロミス(Birth Promise)、と言う表現をする人もいます。

娘・小葉(このは)と話していると、言葉を話せるようになった時から当たり前のようにこの「自分の生まれてきた意味」を分かっていて
語ってくれます。

「このははね、パパとママを助けたくて選んだんだよ」

「このはは、地球を綺麗にするために、生まれてきたの」

その言葉通りに、1、2才の頃から、近所にゴミが落ちているとすぐ拾う子でした。
ゴミ拾いセットを用意したほどです。

私たちの多くは、それこそ幼少期には覚えていたこうした
「神様との約束」
いつの間にか忘れてしまいます。

大人はほとんどの人たちが、スピリチュアル的に記憶喪失になっているのです。

私自身、スピリチュアルな道に進むきっかけが、
「この人生は自分が選んだ」
前世と今世の間(中間生)の記憶を思い出し実感したことから、
次々とライフパーパスの道が開けていきました。
それまでのただただ苦しかった人生から、生きる意味が紐解けていったのでした。

私たちは、人生の目的を生きるために、
何か新しいことを身に付ける必要はありません。

ただ、思い出す「きっかけ」が必要なのです。

私自身、すべてを思い出せる訳ではありません。

子どもの頃の記憶にアクセスしたり、魂や潜在意識に問いかけたり。
色々な瞑想やワーク、出逢いを通して、
その記憶の断片を何十年もかけて、集めているところです。

そして特に今年は、集めてきた断片が繋がりあっていく感覚になっています。

こうした経験も、AQUA MIXTで提供していくものにまた繋がっていくのでしょうね。

潜在意識は「魂の記憶」を知っています

あなたは、どうしてこの地球に、この時代のこの日本に生まれてきたのでしょうか?

ぜひ、この問いを潜在意識に向けてみてくださいね。
答えを出そうとしなくても、問い掛け続けているとヒントの断片が集まってきますよ。

ただ、深い深い潜在意識の記憶には、ブロックもあります。
1人ではたどり着くのが難しいこと、抵抗を感じることも、あるかもしれません。

わたし自身、信頼できるセラピスト・ヒーラー・メンターの力を借りることで、その扉を一つ一つ開けてきています。

今できるところから・・・
潜在意識と魂の記憶、スピリチュアルカウンセリングや満月期企画、深いトラウマの解放にはAbuse Holdなど
丁寧に感情に寄り添いながら、あなたの魂が自由になるようサポートしています。

関連記事

  1. 「はたらく」について学ぶ☆キッザニアの魅力

  2. 始末に負えない子供たちが僕の進むべき道を照らしてくれた

  3. 罪悪感がなければ家族を愛せない?

  4. 新年のエネルギーに乗せて「問いかけ」を始めてみない?

  5. サンリオピューロランドをお得に楽しむ☆年間パスポート編

  6. マイノリティ(少数派)への怖れ「なんてったって調教済み」

  7. お月様を見よう!~ベビーサインの日常(2)

  8. 児童館、乳幼児イベント「すべての人はつながっている」

過去記事一覧