冬至までの過ごし方

師走に入り、急に寒い日が増えましたね。
昨日今日は暖かいのですが、先日の日曜日は、急に凍えるような寒さを感じました。

寒さが苦手な上に、毎年冬至前の日照時間が短い季節は、体調も情緒も不安定になりやすく、無理しないよう抑えめに行動するようにしています。

今でこそ、そのように時期と自分の体調をみて調整出来るようになりましたが。
20代の頃の私は、誘われれば断らずにお付き合いする、ということが多かったです。
飲み会、お茶会、趣味の集まり…
色々ありました。
当時の師走といえば、その付き合いの良さから週何回も忘年会の予定が入っていて。
とにかく呑んで食べていましたね。

そして基礎スキーのサークルにも入っていたので、初滑りに合宿と、12月は行事が盛りだくさんでした。

そして年末年始休みに入ると、決まって発熱。
大晦日のイベントは、いつもドタキャン。
大掃除も出来ない。
年始はそのまま、体調不良で寝正月。
そんなパターンを、繰り返していました。

自然時間に生きるようになり、自分は冬至前の期間は冬眠のように身体が休みたがっている、エネルギーを蓄えたがっているサイクルに気づきました。

忘年会のお誘いも、極力お断り。
たまに仕事上の付き合いで、1つ2つ参加しましたが、
今となっては、参加することはありません。

目の前のことを丁寧に、粛々とやりながら過ごす。
無理なスケジュールは、立てない。
日が短くなるにつれて、睡眠時間も増やす。
太陽のサイクルは、陰の極大に向かいます。
アーユルヴェーダの1年のサイクルでは、ヴァータ(風)が乱れやすくなります。
寒くなり消化力も落ちますから、年末年始の暴飲暴食は、身体や消化器官へかなりの負担ですね。

そのサイクルに沿って、無理のないバランスをとる過ごし方を模索しました。

このサイクルに気づいてから静かな12月を過ごし、世間の師走の慌ただしさと喧騒からは距離を置き。

冬至が明けると、1年の大きなサイクルのスタートのエナジーを感じます。
それまでの重い感覚が、ふっと軽くなります。

そうして、年末年始を穏やかに健やかに過ごすことが出来るようになりました。

年末年始というと、AQUA MIXTはご予約が増える時期です。
まとまった休みに入ってから自分のための時間を取る方も多いので、レッスンやセッションが多いのです。

そこに、エネルギーを向けられるようになりました。

大きな流れを理解することで、無理をせず、自分の力の入れどころが分かります。
私にとっては、大きなターニングポイントでした。

関連記事

  1. 銀河新年!白い磁気の魔法使いの年☆13の月の暦「コズミック・ダイアリー…

  2. 【動画】蟹座の新月から始まる周期へのメッセージ2019/7 ムーンオロ…

  3. 断ち切り進む!2021年3月29日(月)●満月期一斉遠隔霊氣ヒーリング…

  4. 「色のリズム」と第3弾コズミック・ダイアリー2019キャンペーン

  5. 2021年4月満月期LINEトーク「あなたの心の自由を阻むものは何です…

  6. 【動画】新月のメッセージ●ムーンオロジーオラクルカード

  7. 2020年6月夏至スタート「人生の宝もの発掘チーム」3ヶ月コース

  8. 2021年5月25日(火)〜27日(木)満月期LINEトーク「心は幸せ…

過去記事一覧