よみうりランドの入園をお得に楽しむ!「読売ファミリー・サークル」編

子どもが小さいうちは、あちこち連れて行ってあげたい。けれども、テーマパークって結構入園料だけでもお高い…
そんな話を、よく子育て世代から聞きます。

でもね、情報を知っていると知っていないとでは、レジャー費って全然違うのです。
例えば我が家は1回のレジャー費をかなり低く抑えて、代わりにちょこちょこと季節ごとのお出かけを楽しみます。
日常では、あまり遠出をしません。

先日も、お盆終盤に半日ふらりとよみうりランドに電車で行きました。
時々娘の小葉(このは)は自家用車ではなく、京王よみうりランド駅からゴンドラに乗りたがるのです。
ゴンドラ乗車券も株主優待券に含まれ、その他入園券と、そして株主優待の乗り物券でアトラクションも楽しみました。
グッジョバ!エリアで人気の「スプラッシュUFO」や「スピンランウェイ」など、身長も110cmを超え5歳になったので乗れる乗り物も増え、絶叫系に興味を持ち始めた小葉です。

その日はお盆も終盤のせいか週末だったのによみうりランド自体も空いていて、暑さも和らいできた時で秋風を感じながら快適でした。

その日の出費は、「グッジョバ!」のものつくり体験ワークショップ代金300円と自動販売機で購入したジュース代、そして京王永山⇔京王よみうりランドの電車賃のみ。
お昼ご飯は、持参しました。
プリキュアショーをやっていましたが、すでに小葉はプリキュアを卒業してしまい…ちょうどゴンドラで上空を移動中、午前の回と午後の回を眺めました。

もはやご近所の公園に行くレベルで気軽に行って、遊んでいます。

(プリキュアのショーは観なくてもグリーティングはノリノリで、友達と一緒によみうりランドには行きたいそうです。)

先日、3歳のお子さんがいる方から「よみうりランドの入園がお得になる方法はない?」と聞かれました。
すぐに「読売ファミリー・サークル」をお勧めしましたが、そのお得さにビックリしていましたよ。

読売新聞を取っていない人は、「読売ファミリー・サークル」に入会しよう

読売新聞を取っている方は、簡単によみうりランド入園券(+乗り物券1枚付)を入手できるかと思います。
お友達家族でも、これを利用している人は多いですね。

そして読売新聞を取っていない人でも年会費1,300円+税を払えば、同じ招待券を請求する権利が持てる「読売ファミリー・サークル(YFC)」
こちらも1年使ってみて、小さな子供がいる家庭にはとてもありがたいレジャー費をお得にすることができるサービスだとわかりました。

読売ファミリー・サークル(YFC)

過去1年水本ファミリーの、招待券請求実績は…

  • よみうりランド 入園+乗り物券1枚 チケット(定番です)
  • よみうりランド プールWAI 入場チケット(年2枚まで 抽選のことも)
  • 相模湖プレジャーフォレスト 入園券(春に一度だけ招待券情報で見つけて早速請求!)

YFCの年12枚までの請求券を、ほとんどよみうりランドのチケット請求に使いました。
近いし、使いやすいし、余ったら一緒に行くお友達の分に出来るしと。
10月からは、ジュエルミネーションというライトアップの人気企画もあり、入園とイベントだけでもかなり楽しめました。
株主優待券と合わせて、大活躍でした!

特に「よみうりランド プールWAI」のチケットは大人の入園料3,200円であることを考えると、プールの請求は1年で2枚だけという制約はあるものの…1枚請求するだけでも軽く元が取れます。写真:アンパンマンプールは、子供たちに大人気!

ただし注意点は、新聞社のシステムは世間では古臭いことが多く、アナログです。
公式サイトで毎月の招待券情報は更新され無くなったものから掲載が消されていきますが、請求自体は返信用切手を同封して郵送!!!このIT化の時代に!
私は若かりし頃、システム・エンジニア時代に某新聞社のシステム開発経験があるので、その古臭さが懐かしい…。

けれども、会員証だけでいろいろな施設の割引を受けられたりと、会員制の福利厚生サービスですね。
優待が受けられる施設についての、分厚い冊子が届きます。

YFCフェスティバルへ、お友達を誘って行こう!

関東近郊の提携のテーマパークでは「YFCフェスティバル」などがあり、会員は5名まで入園料が無料になります。

YFCフェスティバル

  • 那須ハイランドパーク
  • 箱根園
  • 油壷マリンパーク
  • よみうりランド
  • 成田ゆめ牧場
  • 東京サマーランド
    などなど…

人気のレジャー施設が並びます。

このフェスティバル会場では抽選会などあるそうで、そこで入会や継続をすると嬉しい「選べる特典」があるのです。
9月のよみうりランドで開催されるYFCフェスティバルは、ちょうど水本ファミリーは会員更新月でもあり予定しています。

キッズファッションショーがあったり、アンパンマンショーやプリキュアショーもあったりと、充実の日程で開催されるYFCフェスティバル。
お友達と行ってきますので、またレポしますね。

毎月25日から早い者勝ち!幅広い年齢層が使える招待券

YFCの請求できる招待券情報は、基本的に毎月25日の10時に公開されます。

8月は25日は土日にぶつかったため、27日に公開されました。
読売なので、巨人戦の招待券も請求可能です。

映画の試写会や…

展覧会などの招待券も。

そしてファミリー層がいつもチェックするのは、「遊園地」招待券です。

月によって、招待券情報は変わります。
そして先着順です。
規定数の配布終了したものから、サイトのリストは削除されていきます。
公開日にチェックすると一番種類が多いので、8月27日の情報を参考に載せました。

去年入会したときは、入会特典は「相田みつを美術館 入園券」2枚でした。
今月は、成田ゆめ牧場入場券4枚でしたね。(母に入会を勧めました。1家族1会員なので!)

入会月によって特典が変わるので、それも一つのお楽しみです!

幅広い年齢層に活用しやすい、読売ファミリー・サークル。
特に子育て世代のレジャーにも、大いに役立ってくれることと思います。

関連記事

  1. 頑張ることは絶望への積立貯金「パパと紫陽花泣いていた」

  2. 見守る愛と見張る愛 すり替わる愛情 その1

  3. アーユルヴェーディック・ベビーマッサージ講座(2)

  4. アーユルヴェーディック・ベビーマッサージ講座(4)母乳のチカラ

  5. 赤ちゃんの魔法~大天使レッスンの特別講師

  6. 見守る愛と見張る愛 すり替わる愛情 その3

  7. ママも人生をもっと楽しもう!Abuse Hold効果

  8. 娘の大泣きから見えてきたパターン~どこまで受容しているのか?

AQUA MIXTの無料メール配信サービス

新着記事

過去記事一覧