人生の目的は使命感?それとも?

使命を感じたことはありますか?

「わたしの人生の目的は、きっとこれだ!」

と熱い想いを抱いたのは、中学2年生の頃でした。
当時は、それが天の啓示のように思えたのです。
自然科学や環境問題、ニューエイジサイエンスの本を買いあさり、自分がここから出来ることは何だろう?と、エコロジーに目覚めた少女時代。

そのために将来は、ニューエイジ思想を取り入れた科学者・研究者になろう、と思っていました。
当時の私は、ただただ使命感に燃えていましたね。

でも、高校・大学と進学したころにはバブル崩壊後で家庭の経済状況も厳しく、大学院は諦めて就職。
憧れていた研究者にはなれない…
大学の研究室では日本の名だたる研究施設にあちこち通ったものの、何か違和感が拭えなかった…

いくつかの要因が重なり、私は自分の人生の目的が分からなくなってしまいました。

大学卒業後に人生の目的に迷っていた私は、得意なことで手に職つけようと、IT業界に入りました。
激務の世界で終電帰りも休日出勤もものともせずに頑張って、資格を取り経験を積んで、フリーランスでやっていけるだけの経歴を身につけてきたのです。

天使の世界を仕事にすることなんて、非現実的だったのですね。

そんなスポ根世代の私が、天使の世界をライフパーパスのひとつとしてプロなるまでの経験は、それこそ世界が変わるといえるほどの衝撃。もちろん使命感は今でももっているけれど、それは主の原動力ではないらしいです(笑)

では、何を原動力にライフパーパスを生きていけば良いのか?!

天使が教えてくれるライフパーパス(人生の目的)

人生の目的は、ただ「楽しむ」ことだとしたら?
何をしたいですか?

スピリチュアルな道に導かれたライフパーパスの歩みでは、天使はいつも「楽しいことをしなさい」
と言っていました。
そこに、自分にしか出来ないことがある?わたしの使命が?!

使命感に燃えやすいタイプのわたしには、天使のメッセージは肩すかしでした。
そんなんでいいの?!と。

17年前に会社を辞め、フリーランスの研修講師になったときは。
楽しいよりも、やり甲斐重視だったように思います。
今度こそ、自分の人生を生きよう!と一歩を踏み出した先。

日本全国あちこちの企業を回り、研修を担当する。
1日の立ち仕事、講座によっては3日間や5日間といった連続コース。

やり甲斐はあったけれど、終われば燃え尽きていました。

出講が続いた後の休みは、家で1日寝て過ごす、なんてよくありました。

当時はすでに、オラクルカードに出合っていました。
エンジェルリーディングは楽しいけど、それが仕事になるとは思っていませんでした。

自己流で始め、ただただ楽しくて友だちとカードリーディングをする。
天使の話をする。
コーチングのクライアントさんに、企業研修の参加者に、余興でカードを引いてみせる。

ただ楽しいから。それだけ。

その時は、それが仕事になるとは想像も出来ませんでした。
でも、それが私のメインの仕事になるなんて。

そんな歩みを元にして、ライフパーパス個人レッスンはステップアップ形式で体系化しています。

そして今振り返ると、IT業界でスキルを磨き経験を積んできたことも、ライフパーパスを支えるものになっています。
このサイトも、私が作って運用管理していますからね。
スピリチュアルな気づきを発信し続けるために、必要なスキルとして活用し続けています。

ライフパーパスを見失って遠回りをしたかに思えても、それもライフパーパスの一部として必ず生きてくる。
人生は全て、必然だと今なら思えます。

関連記事

  1. 自分らしく、自分の人生を生きるとはどういうこと?

  2. あなたを自由にしてくれる束縛はありますか?

  3. 幸せは自分の心が決めるなんて、ネット社会では至難の業?

  4. 「書く」ことでエネルギーを変容させる~書くのが苦手なあなたへアドバイス…

  5. 自分らしく生きたい!の消極的な探し方

  6. 新年のエネルギーに乗せて「問いかけ」を始めてみない?

  7. 力を思いだす触媒となるか、力を奪うか… セラピストとは?

  8. 反応して生きることの制御不能感は人生を鬱々とさせるけれど

AQUA MIXTの無料メール配信サービス

新着記事

過去記事一覧