【AQUAMIXT用語】「やっぱり」貯金

AQUAMIXTが提供するオラクルカードセラピスト養成講座、特に「入門編」でシェアすることの多い用語に「やっぱり貯金」というものがあります。

第六感を用いて、天使のメッセージを受け取るわけですが、その「受け取ったもの」が果たして正しいのかどうかの答え合わせをする機会は日常にあまりありません。

根拠はないけど、確証はないけど、なんとなく感じるものを指針に生きることを肯定されないことが多いからでしょうか。

情報が溢れ、正しさを求める教育、失敗を怖れる価値観などの中で、自分自身に宿る「なんとなく」という感覚は非力かもしれません。

「キミはなぜ、我が社を選んだんだね?」

と会社の面接で質問された場合に、

「なんとなく、惹かれるものがあったからです。」

と答えられるタフな人はいるでしょうか。

(友達になりたいです。)

「どうして、僕たちは別れなくちゃいけないんだよ!納得いかない!」

と別れ話の途中で、彼氏に詰め寄られて、

「なんとなく、もう、終わりかなって。」

と答えられる屈強な女子はいるでしょうか。

(友達になりたいです。)

「なんとなく感じていること」の答え合わせをわたしたちはしてきません。

その答えも遅れてやってくるものも少なくありません。

その「なんとなく感じているもの」を出してみる、それが直感を信頼する第一歩です。

講座などでは、この直感を味わいます。

そして、その感覚を信頼するたびに、「やっぱり、良かったんだ。」「やっぱりこの感覚は合っていたんだ。」と自分への確信も増えていきます。

この自己信頼、自己肯定を貯めることを「やっぱり貯金」といいます。

「やっぱり貯金」の残高が多い人は何をしてもうまく行くでしょう。自分を肯定し続けるので、受け取るものも多くなります。

「待つこと」もできるし、その先にあるものも見えるでしょう。

何事にも動じないし、心は常に穏やかです。人にも優しくいられるでしょう。

「やっぱり貯金」を貯めることは、自己肯定感を味わうことにつながります。

なんとなく感じているものを信頼するには、この世には情報が溢れています。

あえて、何かを断ち、信頼する世界に踏み出す勇気にAQUAMIXTの講座がなれば幸いです。

関連記事

  1. 自分自身に無条件の優しさを、誰の価値観を自分の人生に投影させている?

  2. 自分ではない自分になろうとするとき、憑依の問題は現れる?

  3. 憑依は日常茶飯事!「お父さん、ごめんなさい… あなたの期待には応えられ…

AQUA MIXTの無料メール配信サービス

新着記事

過去記事一覧