飽くなき料理への探究心~マハ・バーラト~

こんばんは。潤治です夜IMG_0208.jpg
今日は寛子のご家族の皆さまとランチ会でした。
行き先は…荏原中延駅徒歩1分 インド・バングラディッシュ料理屋「マハ・バーラト」
インドカレー好きのふたりが、いろいろ食べ歩いて行き着いた終着駅的存在のカレー屋さんです。
他のインドカレー屋さんにも行きますが、食べ終わったときの満足感、幸福感は他を圧倒しているように思います。
IMG_0209.jpg立地条件、価格帯からいってもお客さんが殺到してもおかしくないお店だと思います。近くのラーメン屋さんには行列ができるのに…、なぜ?といつも感じていました。
オーナー曰く “安いから、来てくれるのではなく、本当に味のわかる人に来て欲しい” ということをモットーに営業しているそうです。表からはカレー屋さんだとわかりづらいです…。
僕たち夫婦も、友人からの口コミでこのお店を知りました。
オーナーの理念に感動しながら、ランチ会の場は盛り上がったのでした…。


インド5千年の歴史 アユール・ヴェーダ の考え方をベースに調理をしているので、
身体の調子などを伝えるとそれに合った料理を提供してくれます。
身体の浄化機能、デトックス効果をあげるメニューを提供してくれます。
体調が悪いときに、訪れてみるのもいいかもしれません。
薬膳料理と言ってもいい料理の数々です。IMG_0199.jpg
お店に行くと、いつもオーナーの インド・バングラディッシュ料理への愛着を感じます。
もっと美味しいお店が日本に増えて欲しいと常々願っているそうです。
料理の美味しさは、使っている油の質に関係するとのことで、
インド料理を食べた後に、昔は胃がもたれていたのですが、
マハ・バーラトで食べるようになってからは胃がもたれず、
しかも、次の朝の胃の爽快感が違うことに気づくようになりました。
IMG_0200.jpgチャイ(インド式に甘く煮出したミルクティ)も、数種類のスパイスが深い味わいをかもし出しています。
飲んだ後の身体が温まる感覚と胃が浄化されるような気持ちはこのチャイを飲んだときにしか味わえませんでした。チャイってこんなに美味しいものだったんだ…と感動しました。
飽くなき料理への探究心が、本物の味を作り出していると思います。
今日も、ほうれん草とチーズのカレー(サグパニール) の色鮮やかさに感動していたら、オーナーが、“このレシピの完成には、5年もかかったんだよ” と仰っていました。
この美味しいインド・バングラディッシュ料理は、荏原中延駅近くに実在します…。

関連記事

  1. エンジェル・ヒーリング入門(1)☆チャクラクリアリング

  2. 見つけてもらうのを待っている感情

  3. 自分が中心で愛を叫ぶ→ジコチュー

  4. “言うまでもない”が心の便秘を生む?

  5. 問題が生じた時、それはルート選択

  6. ええ格好しい症候群リスト2「YES と(他人に)言わせたい自分」

  7. 傷つくならば、それは「愛」ではない☆1年間のワーク

  8. 才能は授かったものではなく、預かったもの

コメント

  • コメント (3)

  • トラックバックは利用できません。

    • おきゃん♪
    • 2010年 12月 20日

    爆ww

    • 潤治
    • 2010年 12月 16日

    おきゃん♪さま
    マハ、来週から長期休暇に入ります…。
    年明け、2月からの営業になります…。
    再訪願望、高まっちゃいました!?
    ごめんチャイ!(インドのミルクティだけに)

    • おきゃん♪
    • 2010年 12月 16日

    じわりじわりと、再訪願望が・・。
    恐るべし!マハ・バーラトの味!

過去記事一覧